「かどや製油」ごま油一筋で159年栄える秘密

工場は小豆島に1つのみだが、驚異の利益率

小澤直平社長の趣味はゴルフで、ゴルフ好きが高じて「自前のゴルフ場を作りたい」との思いから、長野県のリゾート地にゴルフ場の建設計画を進めていた。数十億円もの資金を投じて、ゴルフ場自体はなんとかオープンにこぎ着けたものの、開業直後にそれまでの疲労がたたり、なんと病気で急逝してしまったのだ。

後を継いだ小澤二郎社長はすぐにゴルフ場の売却を決断。ゴルフ場の営業を続けながら数年かけて売却先を見つけたものの、グループ全体で多額の資金負担を余儀なくされた。幸い、当社の本業自体は堅調に推移していたため大事には至らなかった。「当社の歴史を振り返っても、この出来事が最も厳しい局面だった」(小澤社長)という。

このときの“苦い経験”があったからこそ、1980年代後半から1990年代前半にかけてのバブルに踊らされることもなかった。前述のような、かどやの強固な財務基盤は、過去の失敗があったからこそ、それを乗り越えて築かれたものといってよいだろう。

北米をはじめ、海外市場の開拓に意欲

加えて、近年の売上高の伸びに寄与しているのは「輸出」だ。特に米国、カナダといった北米市場に注力した結果、米国でのごま油のシェアは日本を上回る65%(日本製ごま油に占める割合)にも達するという。売上高285億0800万円のうち、海外は38億円と全体に占めるインパクトはまだ小さいが、北米のほか、東南アジアやヨーロッパにも開拓の余地は十分あると見ており、今後もさらなる成長が期待できそうだ。

ごまにとことんこだわり、国内のみならず世界中で愛されるごま油を軸に、伝統と品質を守り続ける「かどや」。創業からこれまでの歴史を踏まえた当社の特徴を一言でいえば、「ぶれない経営」という点に尽きる。

長年にわたり大手商社との密接な関係を維持し、「ゴマの総合メーカー」として時流に流されない経営姿勢を貫く姿からは、老舗企業ならではの風格が漂う。ゴマ一筋の“ニッチトップ企業”は、今後もわれわれの食卓の定番であり続けるだろう。

人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。