フランスに学ぶ国家ブランド  平林博著

フランスに学ぶ国家ブランド  平林博著

前駐仏日本大使でサルコジ大統領と親交のあった著者が文化国家、観光大国、半数の閣僚が女性のフランスに見習う日本のあるべき姿を提言。

人口6000万人強のフランスに毎年それを超える外国人が来る。ファッション、アート、街並み、豊かな田園風景など、文化と美を愛する心が人々を引き付ける。同時に米英との関係悪化もいとわず、イラク戦争に反対し、核兵器も保有する。エイズ対策の大義を掲げた「国際連帯税」の提案は、「国のかたち」の考え方と外交力を浮き彫りに。世界一の原発の一方で、産油国とは相互依存、さらに食料自給率は100%超を維持。文化国家としての誇りと独立自尊の精神を併せ持つ国に学ぶべきところは極めて多い。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。