フランスに学ぶ国家ブランド  平林博著

フランスに学ぶ国家ブランド  平林博著

前駐仏日本大使でサルコジ大統領と親交のあった著者が文化国家、観光大国、半数の閣僚が女性のフランスに見習う日本のあるべき姿を提言。

人口6000万人強のフランスに毎年それを超える外国人が来る。ファッション、アート、街並み、豊かな田園風景など、文化と美を愛する心が人々を引き付ける。同時に米英との関係悪化もいとわず、イラク戦争に反対し、核兵器も保有する。エイズ対策の大義を掲げた「国際連帯税」の提案は、「国のかたち」の考え方と外交力を浮き彫りに。世界一の原発の一方で、産油国とは相互依存、さらに食料自給率は100%超を維持。文化国家としての誇りと独立自尊の精神を併せ持つ国に学ぶべきところは極めて多い。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT