タカタの民事再生が一筋縄ではいかない理由

国をまたぐ債権者とスポンサーが波乱要因

むしろ、このカネ余りの時代に、融資先を探すことが至上命題となっている銀行にとって、この融資案件はこぞって提案したことが想像される。

申し立て時の金融負債が280億円で、三井住友銀行が250億円出すということは、同社の運転資金をまるまるカバーしており、これまでのメインバンクどころか1行取引として、三井住友銀行からすれば上顧客となっていくだろう。

金融機関が再建の主導権を取れない異常事態

プレパッケージ型の民事再生は、継続可能な事業を新しい会社に引き継いでいくのだが、旧会社にその事業の対価を支払わなければならない。

問題となるのは、この事業譲渡価格である。通常は、客観性を求めるため第三者による事業価値評価を行い、その評価を基準に価格の条件が決まってくるが、筆者は、この価格をめぐって右往左往するのではないか、と考えている。

旧会社の債権者からすれば、事業が高く売れたほうがいい。事業を継続すべく資金を投入するスポンサーからすれば、安ければ安いほうが望ましい。資金を運転資金に回すことができ、持ち出しも少なくなるからだ。

通常の民事再生の場合は、金融機関からの債務が大半を占めることから、金融機関からの同意が取れれば、再生計画の承認を受けることができ、事業譲渡は否認されない。ところが、今回のように金融負債額が280億円で、その他の債権が1兆円を超えるというのは、極めてまれであり、今回の事例では、金融機関がいちばんのキーマンではないことがわかる。

顕在化している債権者の筆頭は、米国という不思議

タカタの申立書にある債権者欄には、三井住友銀行の79億円、三菱東京UFJ銀行の62億円、みずほ銀行の53億円と金融機関が続くが、一般債権者には、アメリカ合衆国が416億円となっており、金融債権と一般債権を合わせての筆頭債権者となっている。

これは、米国の運輸省道路高速安全局から受けた民事制裁金の2億ドル(224億円)と、米国司法省へ刑事上の責任を認めた和解金10億ドル(1120億円)の未払金であることが推察される。

通常の再生案件では、国や地方自治体へ支払うべき税金や社会保険料の未払いがある場合は、金融債務や一般債務に優先して支払うべき債務として優先債務というものを目にすることがある。もしこれがアメリカ合衆国への支払いも優先債務という扱いになれば、事業譲渡の代金はより高いものを要求される可能性がある。

次ページキーマンは自動車メーカーだが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。