「寝不足の人」が太りやすくなる3つのワケ

その脂肪、睡眠不足が原因かもしれません

睡眠時間が短いとなぜ太りやすくなってしまうのでしょうか(写真 : kou / PIXTA)

ラーメン、ポテトチップスなどのスナック類、クッキー、チョコやアイスなど甘い物……夕方以降や夜寝る前に「ダメだ、ダメだ」と思いつつ、ついつい思った以上に食べてしまうことはありませんか?

ダイエットでつまずくのは、たいていこのように食欲をコントロールできなくなる時。それまでやせるために(太らないために)努力をしてきたのに、なぜかこの異様な食欲には勝てず、タガが外れて食べてしまうのですよね。

「今までの努力が台なし! 意志、弱すぎ!! なんてダメな自分!!!」と、ドカ食いを悔い、自分を責めてしまいがちですが、実はこれ、あなたの睡眠時間が短いことが原因かもしれません。食欲と睡眠の長さには、意外な関係があるのです。

ボーダーラインは5時間

米コロンビア大学が2005年に行った、ある興味深い調査結果があります。32~59歳の男女8000人を対象に調べたところ、平均7~9時間の睡眠時間の人に比べて、4時間以下の睡眠の人の肥満率は73%も高かったのです。

また、5時間睡眠の人でさえ、肥満率が50%も高いと報告されました。32歳から59歳というと働いていたり、子育てをしていたり、その両方であったりで、とにかく忙しいので気をつけていないと平気で5時間睡眠を切っちゃいますよね。それでは、睡眠が短いとなぜ太りやすくなるのでしょうか?

米スタンフォード大学が2004年に行った調査では、睡眠時間は食欲と関係していることがわかりました。8時間寝た人に比べて5時間しか寝ていない人は、食欲がわくホルモン「グレリン」の量が約15%多く、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の量が約15%低いという実験結果が出たのです。

これは睡眠の長さと、食欲をコントロールするホルモンのバランスが関係しているということ。どういうことかというと、「睡眠時間が短くなる」=「起きている時間が長くなる」ということなので、体はグレリンを増やしレプチンを減らすことで私たちに食べ物を食べるよう促し、長くなった活動時間に必要なエネルギーを確保しようとするのです。

また寝不足で翌日の活動量が減る場合がありますが、そのメカニズムは以下のとおりです。寝不足の時は眠くて体がだるく、重くなるので、あまり動きたくなくなります(突然、危険が迫った時用に余力を残しておくための生存本能)。

次ページ睡眠不足が引き起こすもう1つの「太るスパイラル」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT