貧困シングル母「善意の若者」に浴びせた洗礼

グローバル都市NYの「貧困のリアル」

「クソが。やっと話が進められるよ」とシルヴィア。「で、なにが知りたいの?」。強烈にママの口ぶりになっている。

カーターはヘリンボーンのジャケットをピシッと引っ張った。服と一緒に威厳も正そうとしたんだろう。「そうですねぇ、いくらなら気持ちよく仕事に行く気になりますか?」。

「どういうこと、『気持ちよく』って」

「必要なものが手に入るってことです。子どもの世話に食べ物に交通費に家賃とか」

「運が良かったよ。障害があるなんてね」

シルヴィアが考えているところにベッツィが割り込んだ。「野球場の入場者の数ぐらいでどうでしょう。年に5万ドルなんかではどうです?」。

シルヴィアが目をむいた。「年に5万ドル?」。

ベッツィがひるむ。「いや、その、7万5000ドルでは?」。

シルヴィアが天井に目をやる。「神様、やっとあたしのお祈りを聞いてくれたんですね!」。滴るぐらい嫌味たっぷりだ。

シルヴィアはまた学生たちのほうを向いた。「あんたら子どもたちの目には、あたしがどれぐらいで暮らしてるように見えんのかね? っていうか、周りを見てごらんよ。さて、んじゃ当ててみなよ。あたしはどれぐらいで暮らしてると思う?」。

カーターが辺りを見回した。「年に3万5000ドルとか?」。

「年に3万5000ドルとか」シルヴィアが繰り返す。「年に3万5000ドルとかってか! そんなおカネ、どっからもらえるっちゅーの?」。

「連邦政府からです」とマイケル。「だからこそぼくたち民間がなんとかして……」。

でもシルヴィアは彼を遮った。お遊びは終わりだ、もう面白くなくなった。彼女の声は冷たく、語り口は淡々とした調子に変わった。

「生活保護で毎月いくらもらってると思う?」とシルヴィアが尋ねる。誰も答えない。「800ドルぐらいだよ。それで服と地下鉄と学校と食べ物と洗剤と電話とテレビを賄ってる。というか、足しにしてる。食糧配給券でいくらもらってると思う?」。

やっぱり誰もなにも言わない。

「月に180ドルだよ」

「それだけ?」とマイケル。驚いている。

「それだけ。それから、身体の障がいでももらってる。脚が悪いんでね。それで家賃払ってる。あたしゃとっても運がよかったよ。障がいがあるなんてね。そういう運にも恵まれない人はたくさんいるんだよ」

ベッツィはただただショックを受けたようだった。「月に980ドルで生きてるってことですか? ニューヨークで? そんなおカネで人って生きられるんですか? っていうか、ああ神様」。

次ページ一家4人、月980ドルで生きる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT