貧困シングル母「善意の若者」に浴びせた洗礼

グローバル都市NYの「貧困のリアル」

「クソが。やっと話が進められるよ」とシルヴィア。「で、なにが知りたいの?」。強烈にママの口ぶりになっている。

カーターはヘリンボーンのジャケットをピシッと引っ張った。服と一緒に威厳も正そうとしたんだろう。「そうですねぇ、いくらなら気持ちよく仕事に行く気になりますか?」。

「どういうこと、『気持ちよく』って」

「必要なものが手に入るってことです。子どもの世話に食べ物に交通費に家賃とか」

「運が良かったよ。障害があるなんてね」

シルヴィアが考えているところにベッツィが割り込んだ。「野球場の入場者の数ぐらいでどうでしょう。年に5万ドルなんかではどうです?」。

シルヴィアが目をむいた。「年に5万ドル?」。

ベッツィがひるむ。「いや、その、7万5000ドルでは?」。

シルヴィアが天井に目をやる。「神様、やっとあたしのお祈りを聞いてくれたんですね!」。滴るぐらい嫌味たっぷりだ。

シルヴィアはまた学生たちのほうを向いた。「あんたら子どもたちの目には、あたしがどれぐらいで暮らしてるように見えんのかね? っていうか、周りを見てごらんよ。さて、んじゃ当ててみなよ。あたしはどれぐらいで暮らしてると思う?」。

カーターが辺りを見回した。「年に3万5000ドルとか?」。

「年に3万5000ドルとか」シルヴィアが繰り返す。「年に3万5000ドルとかってか! そんなおカネ、どっからもらえるっちゅーの?」。

「連邦政府からです」とマイケル。「だからこそぼくたち民間がなんとかして……」。

でもシルヴィアは彼を遮った。お遊びは終わりだ、もう面白くなくなった。彼女の声は冷たく、語り口は淡々とした調子に変わった。

「生活保護で毎月いくらもらってると思う?」とシルヴィアが尋ねる。誰も答えない。「800ドルぐらいだよ。それで服と地下鉄と学校と食べ物と洗剤と電話とテレビを賄ってる。というか、足しにしてる。食糧配給券でいくらもらってると思う?」。

やっぱり誰もなにも言わない。

「月に180ドルだよ」

「それだけ?」とマイケル。驚いている。

「それだけ。それから、身体の障がいでももらってる。脚が悪いんでね。それで家賃払ってる。あたしゃとっても運がよかったよ。障がいがあるなんてね。そういう運にも恵まれない人はたくさんいるんだよ」

ベッツィはただただショックを受けたようだった。「月に980ドルで生きてるってことですか? ニューヨークで? そんなおカネで人って生きられるんですか? っていうか、ああ神様」。

次ページ一家4人、月980ドルで生きる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT