「女の勘」はなぜ鋭いのか 赤羽建美著

「女の勘」はなぜ鋭いのか 赤羽建美著

女性は物事の考え方がとてもシンプルで、そのシンプルさが特有の勘の鋭さを生む。勘は物事の本質を鋭くつかむもので、深い知識は必要としない。「浅く広く」でよい。勘を磨くにはまず柔軟な考え方を身につけること。その点、高級ブランドからキティちゃんまで幅広く興味を持つ女性は、無意識に日頃から勘を養っている。

女性の話がころころ変わるのは小さな変化を求めるからで、同じように男性に対しても小さな変化を求める。つまり品行方正なだけでは物足りない。「いい男」とは「品がよくてエッチ」で、女性に対して素直に「ごめんね」と謝ることができる人。

40年近く女性向けの読み物を手掛けてきた著者の説く女性との付き合い方指南。

PHP新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。