iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 八代嘉美 著

iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 八代嘉美 著

再生医療の研究に携わる著者が、iPS細胞や再生医療を取り巻くトピックを解説。

人工万能細胞iPS細胞とは、「人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem cell)」の略で、人間の体を構成する多様な性質の細胞になることができる細胞のこと。

iPS細胞が実用化されれば、自分自身の細胞を培養して、臓器などをつくり出すことができる。心筋梗塞になれば新しい心筋細胞をつくればいいし、肝臓病になれば新しい肝臓をつくって置き換えればいい。まさに夢のような話である。しかし、技術的なことから、倫理上の問題、政治的な思惑など、現実には受精卵由来のES細胞と同様に再生医療においてクリアしなければならない課題は多い。

平凡社新書 693円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT