株式市場は現在進行形 太田忠著

株式市場は現在進行形 太田忠著

歴史は繰り返すという警句が株式市場ほど当てはまるところはあるまい。インターネット・バブルもライブドア・ショックも、時間の経過とともに、その記憶と同時に教訓も忘れさられてしまいがちだ。それだけ、類似の状況が発生したときの対処法を歴史の教訓の中で整理し直しておくことは大事だ。

本書は2000年初めのインターネット・バブルのピークから、07年秋の不振きわまる新興市場の状況まで、8年間にわたる、中でも中小型株市場のドラマを時系列で追いかけ、分析・解説する。

真骨頂は「投資家が決して手出ししてはいけない危険企業の8つのパターン」だろう。「甘い見通し、甘い予想」「事業の間違った多角化」は当然として、「社名変更」「地方取引所上場企業」などでの「ばっさり判定」には経験(実例)を経ての判断が反映している。成長株専門のファンドマネジャーが相場の大局観の習得法を教授する。

日本経済新聞出版社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT