株式市場は現在進行形 太田忠著

株式市場は現在進行形 太田忠著

歴史は繰り返すという警句が株式市場ほど当てはまるところはあるまい。インターネット・バブルもライブドア・ショックも、時間の経過とともに、その記憶と同時に教訓も忘れさられてしまいがちだ。それだけ、類似の状況が発生したときの対処法を歴史の教訓の中で整理し直しておくことは大事だ。

本書は2000年初めのインターネット・バブルのピークから、07年秋の不振きわまる新興市場の状況まで、8年間にわたる、中でも中小型株市場のドラマを時系列で追いかけ、分析・解説する。

真骨頂は「投資家が決して手出ししてはいけない危険企業の8つのパターン」だろう。「甘い見通し、甘い予想」「事業の間違った多角化」は当然として、「社名変更」「地方取引所上場企業」などでの「ばっさり判定」には経験(実例)を経ての判断が反映している。成長株専門のファンドマネジャーが相場の大局観の習得法を教授する。

日本経済新聞出版社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。