世界一のレストラン「ノーマ」が抱える矛盾

1食8万円のメキシコ料理はおかしくないか

ノーマ・メキシコの客のほとんどは、料理の600ドルだけでなく、ユカタン半島までの航空運賃と、トゥルムまでの車代、そして少なくとも一晩はホテルに泊まる料金がかかる。それでも、それを喜んで負担する人がいるのは驚きではない(現在のレゼピなら、デスバレーでソーセージのバーベキューをやっても、予約でいっぱいになるだろう)。

ただ、レストラン批評家としてどうしても引っかかるのは、ノーマ・メキシコでは、地元の伝統と食材にこだわった料理を、よそ者が作り、よそ者が消費することだ。

ノーマが世界に名をとどろかせた理由の1つは、デンマークあるいは北欧の食材に徹底的にこだわり、それまでこの地にはなかった独創的な料理を提供したことだ。ノーマは「地産地消」というコンセプトを新しいレベルに高め、世界中のレストランにまねされてきた。それなのにノーマ・メキシコでは、地元の食材と伝統が、ばか高い値段で、観光客に食されている。

そもそも批評の対象ではない

レゼピとノーマのスタッフを責めるつもりはない。彼らは、自分たちがメキシコに恩義を感じていて、お返しをしたかったと述べている。彼らはトゥルムで、自らの好奇心を追求して、高いレベルの新しい料理を生み出したのであり、それこそがクリエーティブな人間のやることだ。

だがそれは、ノーマ・メキシコの芸術的な側面にすぎない。ビジネス面では、彼らはそのクリエーティブな活動を、計画的な希少性と相対的コストによって、ラグジュアリー品に注ぎ込んだ。ラグジュアリー品は日常から切り離されて、莫大な富と排他性という文化的コンテクストに置かれがちだ。

そのラグジュアリー品を絶賛することも、酷評することもできる。だが、私にとっては、そもそも批評の対象ではない。私はもっと地元とつながりの深いレストランの批評を書きたい。

(執筆:Pete Wells記者、翻訳:藤原朝子)

© 2017 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。