世界一のレストラン「ノーマ」が抱える矛盾

1食8万円のメキシコ料理はおかしくないか

期間限定レストランノーマ・メキシコの料理のひとつ、ドライホタテとピペル・アウリツムのモーレソース添え(写真:Adriana Zehbrauskas/The New York Times)

超独創的な料理で、ここ6〜7年、世界中のレストラン誌や料理評論家から世界最高のレストランとたたえられてきた「ノーマ」。デンマークの首都コペンハーゲンにあるその店が、移転のため一時閉店するのに伴い、メキシコのトゥルムに7週間だけの期間限定店が生まれた(5月28日に営業終了)。

受付開始から3時間で予約はいっぱいに

ノーマ・メキシコの入り口(写真:Adriana Zehbrauskas/The New York Times)

カリブ海に面したトゥルムは、マヤ文明の遺跡で知られる小さな町。そのヤシの木が生い茂る木立ちの中に、「ノーマ・メキシコ」は造られた。シェフのレネ・レゼピは、コペンハーゲンからほとんどのスタッフを連れてきて、「この10年で最高の食事体験にしたい」と意気込んだ。

案の定、12月の受付開始から3時間で、7週間7000人分の予約はいっぱいに。そして4月にオープンすると、ノーマ・メキシコを絶賛する声が世界中のメディアにあふれた。『エスクァイア』誌のカルチャーディレクターは「今年最も羨望の食事」と表現し、トロント・スター紙の料理批評家は「人生最高の食事」とたたえた。

でも、私(いちおうニューヨーク・タイムズ紙のレストラン批評家だ)は、ノーマ・メキシコに行かなかった。

それでも、この店でどんな料理が出たかは、けっこう知っている。インスタグラムをチェックすれば、「#nomamexico」とタグづけした写真が5000枚以上見つかるし、大手メディアに有名フードジャーナリストの批評が次々と掲載されたからだ。

次ページ独創的な料理なのは間違いないが
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。