宝島社はなぜ、出版不況でも稼げるのか?

出版社であり、メーカーでもある会社

――宝島社は、絶妙な付録戦略により販売部数を伸ばしていますが、広告面についてはどうですか?

広告はスポンサーに決定権があり、われわれが主体的に動いても限界があります。ただ、スポンサーが必要な読者をきっちり囲っている雑誌であれば、スポンサーは来てくれると思っています。

たとえば、宝島社の雑誌で言うと、『リンネル』(ナチュラル系のファッション、ライフスタイル情報を掲載)が今非常に伸びています。この雑誌は、単にある年代に強いだけでなく、ひとつのライフスタイルを切り取った読者を持っていることが、スポンサーにとっての魅力になっています。

ほかに、30代女性誌の『InRed(インレッド)』にしても、「30代のどういう女性を捕まえているか」を明確にしています。そこに情報を流したいというスポンサー必ずいるはずです。

――ファッション誌は、収入に占める広告収入の割合が高い傾向がありますが、宝島社の場合はどうですか?

販売売上げのほうが、圧倒的に高いです。部数がすごく少ない雑誌においては、広告売上げのほうが高くなるケースもありますが、基本的には部数を追求しています。

――部数ナンバーワンにこだわる理由は?

雑誌の中には、部数はさほどないけれども、非常に熱心な読者がいて広告も入るというケースもありますし、そうしたビジネスモデルもわからなくはありません。ただ、一度それを始めてしまうと、雑誌は生き物ですから、どこか非常に脆弱になってしまいます。

――あんまりニッチを追いすぎてはいけない?

そうですね。ニッチを追いすぎて、部数を追求する努力を止めてしまうと、だんだん雑誌の活力が失われてしまう。やはり部数を追うという意識があるからこそ、コンテンツは磨かれていくのだと思います。

(撮影:尾形文繁)

 ※ 続きは8月16日に掲載します

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT