宝島社はなぜ、出版不況でも稼げるのか?

出版社であり、メーカーでもある会社

――宝島社は、絶妙な付録戦略により販売部数を伸ばしていますが、広告面についてはどうですか?

広告はスポンサーに決定権があり、われわれが主体的に動いても限界があります。ただ、スポンサーが必要な読者をきっちり囲っている雑誌であれば、スポンサーは来てくれると思っています。

たとえば、宝島社の雑誌で言うと、『リンネル』(ナチュラル系のファッション、ライフスタイル情報を掲載)が今非常に伸びています。この雑誌は、単にある年代に強いだけでなく、ひとつのライフスタイルを切り取った読者を持っていることが、スポンサーにとっての魅力になっています。

ほかに、30代女性誌の『InRed(インレッド)』にしても、「30代のどういう女性を捕まえているか」を明確にしています。そこに情報を流したいというスポンサー必ずいるはずです。

――ファッション誌は、収入に占める広告収入の割合が高い傾向がありますが、宝島社の場合はどうですか?

販売売上げのほうが、圧倒的に高いです。部数がすごく少ない雑誌においては、広告売上げのほうが高くなるケースもありますが、基本的には部数を追求しています。

――部数ナンバーワンにこだわる理由は?

雑誌の中には、部数はさほどないけれども、非常に熱心な読者がいて広告も入るというケースもありますし、そうしたビジネスモデルもわからなくはありません。ただ、一度それを始めてしまうと、雑誌は生き物ですから、どこか非常に脆弱になってしまいます。

――あんまりニッチを追いすぎてはいけない?

そうですね。ニッチを追いすぎて、部数を追求する努力を止めてしまうと、だんだん雑誌の活力が失われてしまう。やはり部数を追うという意識があるからこそ、コンテンツは磨かれていくのだと思います。

(撮影:尾形文繁)

 ※ 続きは8月16日に掲載します

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT