宝島社はなぜ、出版不況でも稼げるのか?

出版社であり、メーカーでもある会社

編集者がデザイン、工場選びまで担当

宝島社の雑誌には、必ずブランドアイテム付録が付いている。付録の企画も編集者の大事な仕事だ。

ここで、宝島社の付録戦略について説明しておこう。

同社の雑誌にはすべてブランドアイテム付録がついている。付録のほかにも、ブランドムックと呼ばれる商品もある。

これらの付録やブランドムックは、ブランド側がスポンサーとなって作成を依頼しているわけではない。起点はあくまで編集部だ。商品選び、デザイン、素材の選択から、工場での製造まで、すべてを宝島の編集者が担当。宝島社の社員は、半分メーカーの社員のようなものである。

付録作成の予算も、ブランド側に頼らず、雑誌の販売収入と広告収入から賄っている。そうすることで、編集者は、スポンサーの意向に左右されすぎることなく、「これは読者に受ける」と思える付録を打ち出すことができる。

そして、編集部から生まれた付録企画をブランド側に持ち込み、コラボしてくれるブランドを探していくという流れだ。ブランド側としては、自社のロゴ、ブランドを冠した商品が数十万人の読者に届けば、またとないPRになるし、新規顧客の発掘にもつながる。

こうした付録作りを、2002年から10年以上続けているため、宝島社には、モノ作りのノウハウがため込まれている。デザインや布に関する知識、製造工場のネットワークはもちろん、付録の商品力に応じて、刷り部数、価格を変える精度も磨かれている。

メディアでありながら、“モノ作り”を強みにする点は、手帳などの物販で稼ぐ「ほぼ日刊イトイ新聞」と共通している。

次ページナンバー1にこだわる理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT