宝島社はなぜ、出版不況でも稼げるのか?

出版社であり、メーカーでもある会社

編集者がデザイン、工場選びまで担当

宝島社の雑誌には、必ずブランドアイテム付録が付いている。付録の企画も編集者の大事な仕事だ。

ここで、宝島社の付録戦略について説明しておこう。

同社の雑誌にはすべてブランドアイテム付録がついている。付録のほかにも、ブランドムックと呼ばれる商品もある。

これらの付録やブランドムックは、ブランド側がスポンサーとなって作成を依頼しているわけではない。起点はあくまで編集部だ。商品選び、デザイン、素材の選択から、工場での製造まで、すべてを宝島の編集者が担当。宝島社の社員は、半分メーカーの社員のようなものである。

付録作成の予算も、ブランド側に頼らず、雑誌の販売収入と広告収入から賄っている。そうすることで、編集者は、スポンサーの意向に左右されすぎることなく、「これは読者に受ける」と思える付録を打ち出すことができる。

そして、編集部から生まれた付録企画をブランド側に持ち込み、コラボしてくれるブランドを探していくという流れだ。ブランド側としては、自社のロゴ、ブランドを冠した商品が数十万人の読者に届けば、またとないPRになるし、新規顧客の発掘にもつながる。

こうした付録作りを、2002年から10年以上続けているため、宝島社には、モノ作りのノウハウがため込まれている。デザインや布に関する知識、製造工場のネットワークはもちろん、付録の商品力に応じて、刷り部数、価格を変える精度も磨かれている。

メディアでありながら、“モノ作り”を強みにする点は、手帳などの物販で稼ぐ「ほぼ日刊イトイ新聞」と共通している。

次ページナンバー1にこだわる理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT