英マンチェスター自爆攻撃、犠牲者の素顔

8歳の少女や3児の母もいた

●マーティン・ヘット(29、グレーターマンチェスター州)

広報担当マネジャーの仕事をしていたマーティン・ヘットさんは、自身について、「強い女性と大衆文化」が好きで、くだらないユーモアのセンスがある人だと、インターネット上の自己紹介ページに記していた。

ヘットさんはマンチェスターが舞台の連続テレビドラマ「コロネーション・ストリート」のファンで、登場人物の1人のタトゥーを足に入れていた。陽気な人柄で、テレビ番組「Come Dine With Me」にも数回出演していた。

兄弟のダンさんと友人のラッセル・ヘイワードさんは、ツイッターでヘットさんの死亡を確認した。

「彼は生きていたときとまさに同じように、注目を集めてこの世を去った」とヘイワードさんは語った。

「ずっと笑顔でいてほしい」

●オリビア・キャンベルさん(15、グレーターマンチェスター州)

母親のシャーロットさんとの最後の会話のなかで、学生のオリビア・キャンベルさんは、アリアナ・グランデのコンサートに行くことを許してくれたことに感謝し、愛していると伝えていた。

家族は事件翌日の23日、オリビアさんを必至に捜した。しかし母親は翌24日、オリビアさんの遺体を確認した。

「あまりにも早く逝ってしまった私のいとしい大切な娘オリビア・キャンベル、どうか安らかに眠ってほしい。天使たちと歌い、ずっと笑顔でいてほしい。お母さんはあなたをとても愛しています」と、母親のシャーロットさんはフェイスブックに投稿した。

●ソレル・レツコウスキさん(14、リーズ)

レツコウスキさんは母親と祖母と一緒にコンサート会場にいた。母親と祖母も爆発で負傷した。

「ソレルはまだ14歳でしたが、しっかりした子でした。とても賢く、才能があり、創造力にあふれる女の子でした。彼女にできなかったことなどありませんでした」と、祖父のポール・ヒーリーさんは声明でこう語った。

「彼女は建築家を目指していて、ニューヨークのコロンビア大学を志望していました。母親に家を建ててあげたかったのだと思います」

次ページ恋人同士
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT