英マンチェスター自爆攻撃、犠牲者の素顔

8歳の少女や3児の母もいた

●マーティン・ヘット(29、グレーターマンチェスター州)

広報担当マネジャーの仕事をしていたマーティン・ヘットさんは、自身について、「強い女性と大衆文化」が好きで、くだらないユーモアのセンスがある人だと、インターネット上の自己紹介ページに記していた。

ヘットさんはマンチェスターが舞台の連続テレビドラマ「コロネーション・ストリート」のファンで、登場人物の1人のタトゥーを足に入れていた。陽気な人柄で、テレビ番組「Come Dine With Me」にも数回出演していた。

兄弟のダンさんと友人のラッセル・ヘイワードさんは、ツイッターでヘットさんの死亡を確認した。

「彼は生きていたときとまさに同じように、注目を集めてこの世を去った」とヘイワードさんは語った。

「ずっと笑顔でいてほしい」

●オリビア・キャンベルさん(15、グレーターマンチェスター州)

母親のシャーロットさんとの最後の会話のなかで、学生のオリビア・キャンベルさんは、アリアナ・グランデのコンサートに行くことを許してくれたことに感謝し、愛していると伝えていた。

家族は事件翌日の23日、オリビアさんを必至に捜した。しかし母親は翌24日、オリビアさんの遺体を確認した。

「あまりにも早く逝ってしまった私のいとしい大切な娘オリビア・キャンベル、どうか安らかに眠ってほしい。天使たちと歌い、ずっと笑顔でいてほしい。お母さんはあなたをとても愛しています」と、母親のシャーロットさんはフェイスブックに投稿した。

●ソレル・レツコウスキさん(14、リーズ)

レツコウスキさんは母親と祖母と一緒にコンサート会場にいた。母親と祖母も爆発で負傷した。

「ソレルはまだ14歳でしたが、しっかりした子でした。とても賢く、才能があり、創造力にあふれる女の子でした。彼女にできなかったことなどありませんでした」と、祖父のポール・ヒーリーさんは声明でこう語った。

「彼女は建築家を目指していて、ニューヨークのコロンビア大学を志望していました。母親に家を建ててあげたかったのだと思います」

次ページ恋人同士
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。