英マンチェスター自爆攻撃、犠牲者の素顔

8歳の少女や3児の母もいた

 5月25日、英マンチェスターで行われた米歌手アリアナ・グランデのコンサート会場で22日に発生した自爆攻撃は、8歳の少女を含む22人の命を奪った。写真は犠牲者の家族らが提供(2017年 ロイター)

[25日 ロイター] - 英マンチェスターで行われた米歌手アリアナ・グランデのコンサート会場で22日に発生した自爆攻撃は、8歳の少女を含む22人の命を奪った。家族や友人によって確認された一部の犠牲者の名前とプロフィールは、以下の通り。

3児の母

●ミシェル・キスさん

3児の母であるミシェル・キスさんは、15歳の娘ミリーさんと一緒にコンサートに来ていた。

「家族は、彼女の人生そのものでした。私たちは皆、彼女の死に打ちのめされています。私たちや彼女を愛していたすべての人から、最も心に傷が残る形で彼女を奪ったのです」と、キスさんの家族は警察が公表した声明のなかでこう語った。

「非常につらいこの時期を乗り越えるため、彼女の示した勇気と強さから力をもらえることを私たちは願っています」

●ジーナ(ジョージナ)・ベサニー・キャランダーさん(18、ランカシャー州)

ジョージナ・ベサニー・キャランダーさんは社会福祉を学ぶ18歳の学生だった。音楽が大好きで、アリアナ・グランデだけでなく、他のミュージシャンと写った写真を、自身のソーシャルメディアに投稿していた。コンサート前日には、グランデに「明日、あなたに会えるのをとても楽しみにしています」とツイッターでメッセージを送っていた。

キャランダーさんが以前通っていたランカシャーの学校は、人気のある素晴らしい学生だったと述べ、残された兄弟2人もとても寂しがるだろうとのコメントを発表した。また、彼女が子どものころにプレーしたフットボール・クラブもウェブサイトに弔辞を掲載した。

一部の友人は、キャランダーさんの葬儀費用を支援するためクラウドファンディングを立ち上げた。

次ページ陽気な人柄
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。