デフレ脱却なら、金利抑制が効かなくなる? 「金融緩和で、必ず金利が下がる」は大間違い

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

「長期金利を抑制する」という考え方は危ない

米国のサブプライムローン問題は、金融機関の経営問題として取り上げられることが多いが、住宅ローンの利用者からすれば、軽いと思っていた住宅ローンの元利支払い負担が急に高まって返済不能に陥ったという問題だ。

リスク管理の第一歩は起こりうる状況を想像することであるが、長年続いた状況が大きく変わることを想像することは難しい。日本経済が長年デフレから脱却できずにいるために、デフレ脱却で金利が上昇するというリスクを過少評価している可能性が高い。「長期金利を抑制する」という考え方は、こうしたリスクをもっと高めてしまうおそれがある。
 

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT