あなたの人生におカネはいくら必要なのか

独身も家族持ちも「6つの数字」を入れるだけ

早速、以下に示す「人生設計の基本公式」を使って、必要貯蓄率を求めて、月々どのくらい貯蓄をしなければならないかを明確にしましょう。

「人生設計の基本公式」とは、老後、自分がイメージする生活を送るためには、今からどのくらい貯蓄をしていけばよいのかを求めることができる式です。この公式のよいところは、誰でも、何歳でも関係なく使えて、過去をいっさい問題にしないことです。これまで貯められなかった人も、おカネの問題を避けてきた人も、この記事の最後にある空欄に数字を入れて、ぜひ計算してみてください。これから始めればよいのです。

まず、式をご覧ください。一見すると、分数の中に分数があったりして、「見ただけでイヤ!」と思われるかもしれませんが、計算はとても簡単です。あくまで数式は、仕組みを理解するためのものなので、眺めるだけでも大丈夫。前出のように、「自分が老後に必要なおカネ」は、最後のページの質問に答えると瞬時に出るようになっていますので、安心してこのまま進んでください。

 人生設計の基本公式

では、この式について、相談者の高松大輔さん(35歳・仮名)の例をご紹介しながら、解説したいと思います。

高松さんは、現在35歳の会社員です。現在は独身で、もうすぐ結婚する予定。今後は老後(65歳)まで30年間(a)働くつもりです。今後の手取り収入の平均値を600万円(Y)と想定しています。現在、高松さんには600万円の貯蓄(A)があります。高松さんは、今後の現役時代に使う生活費の7割=0.7倍(x)で老後を暮らしたいと考えています。一方、年金は、今後の現役時代の手取り年収である600万円の3割である180万円(P)と見積もっています。老後の期間は、少し余裕をみて95歳までの30年間(b)と想定します。高松さんは、現役時代に、毎年、手取り年収の何割を貯蓄しなければならないでしょうか。

次ページまず「手取りの何割を貯めるべきか」を知る 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT