「日本のバブル」とは、いったい何だったのか

バブルが発生するための「2大原則」とは?

今週末は、「オークス」(優駿牝馬・GⅠ)、3歳牝馬の最強馬決定戦が行われる。レースを行う東京競馬場の2400mは、ダービーと同舞台だ。この時期の牝馬にはいささか過酷な条件だが、今年の3歳牝馬はハイレベルだと言われており、週末まで天候が保ちそうでもあり、翌週のダービーとの内容比較も含めて注目したいレースだ。

オークスの本命馬はアドマイヤミヤビ

本命には、外枠(16番)が気になるがGⅠにめっぽう強いM・デムーロ騎手がカバーしてくれることを期待して、アドマイヤミヤビを採りたい。同馬は、距離はマイルだが、同じ府中コースで行われたクイーンカップ(2月11日)を、先週のNHKマイルを制したアエロリットを2着におさえて好内容で勝っている。アドマイヤミヤビが前走12着に破れた桜花賞(4月9日)は、稍重(ややおも)の馬場が合わなかったと解釈して度外視する。

対抗は、好枠を引いて鞍上にC・ルメール騎手を配するソウルスターリングだ。走法的に距離が少し長いかも知れないが、牝馬同士で、他の馬にも初距離となるので、地力の抜け具合から外せない。

単穴は、本命と同じハーツクライ産駒のホウオウパフュームを狙ってみたい。トライアルで存外だった1番人気が、本番に調子を合わせてくることはよくあるし、前々走の距離2000mの寒竹賞(1月7日)が好内容だった。

以下、勝ち切れていないが好走が続くリスグラシュー、トライアルの勝ち馬で1番枠を引いたモズカッチャン、トライアル2着のヤマカツグレースを押さえたい。

桜花賞馬レーヌミノルは、父ダイワメジャー、母父タイキシャトル、の血統がオークス馬のイメージではない。不人気の場合に少し押さえるだけにしておく。もっとも、こうしたありふれたイメージにこだわるから、筆者は、負け組を脱出しきれないのかも知れない。好走されたら、大いに反省することにする。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT