「糖質制限は痩せすぎる」にはこう対処せよ!

第一人者が伝授「正しい糖質制限ダイエット」

高雄病院に教育入院されている年配の方などには、病院で用意した1日1200キロカロリーの糖質制限食を食べきれないというケースも見られます。

糖質制限食は、糖質を減らす代わりに高脂質、高タンパク質となります。

主食を食べずにおかずばかり食べるわけですが、おかずでカロリーを取ろうとするとかなりのボリュームとなるため、満腹になるまで食べても十分なエネルギー摂取ができていないケースがまれにあるのです。

「やせすぎ」に対処するエネルギー補給の方法

高雄病院では、このようなケースでは、間食によってエネルギー補給を行うように指導しています。3回の食事で十分なエネルギーを取れない分を、食べる回数を増やすことで補えるということです。

具体的には、糖質の少ないナッツ類やチーズを間食してもらいます。ナッツ類やチーズは比較的カロリーが高いので、エネルギー補充にお勧めです。

アーモンド、カシューナッツ、ピーナツなどを20~30粒程度食べても糖質量は3~5g程度ですから、グルコーススパイク(急激な血糖値上昇)の心配もありませんし、1日に2回は大丈夫です。

それでもエネルギーが不足する場合、糖尿病の人には勧めていませんが、あえて果物の摂取を指導します。

果物の糖質には、血糖をほとんど上げない果糖が含まれています。このため果物の摂取による血糖上昇は、でんぷんの多い穀物に比べて、多くの場合およそ半分くらいです。その一方で果糖は、中性脂肪に変わりやすく、体重増加につながりやすい物質です。

果物の糖質には、このほかブドウ糖やショ糖やエリスリトールなども含まれており、その比率は果物によりさまざまです。

果物のなかでもアボカドならば、100g当たりの糖質量が0.9gと非常に少なく、エネルギーも高いのでお勧めです。

そのほかの果物の場合も、1回当たりの糖質量が10g以下ならば、やせすぎの対策として摂取してよいと思われます。

糖質量10g以下となる目安

イチゴ7粒、リンゴ1/4個、パパイア半個、グレープフルーツ1/4個、夏ミカン1/4個、ハッサク1/3個、メロン1/8個、モモ(中サイズ)2/3個
次ページオリーブオイルの積極利用でカロリーを稼ぐ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT