日経平均は当面2万円前後で高止まりする

ムーンウォークではなく、バンドウォーク?

M・ジャクソンの得意技は「ムーンウォーク」。 日経平均は「バンドウォーク」で上昇し続ける?(撮影:尾形文繁)

日経平均株価は2015年12月以来の2万円突破へ

日本株は、5月8日、代表的指標である日経平均株価がようやく年初来高値を更新、10日も2015年12月以来の「2万円の大台」まであとわずかの1万9900円で取引を終えた。

投資家心理を察すれば、2万円前後で「やれやれ」と、いったん利益確定売りをしておきたいところだろう。だが、結論から言うと、テクニカル指標の1つである「ボリンジャーバンド」で見ると、日経平均はこれから「さらなる上振れ」を示唆しているようにもみえる。このバンドの見方と使い方を解説しつつ、今後の相場の見通しを探ってみよう。

さて、上の図をご覧いただきたい。ボリンジャーバンドを使った日経平均株価の値動きを見たものだ。〔図は「会社四季報オンライン」の有料会員向けサービスからとったもの。ボリンジャーバンドは「株探」のチャートなどでも見ることができる〕。

ボリンジャーバンドとは、1980年代にジョン・ボリンジャー氏によって、米国で発案されたテクニカル指標である。見た目のシンプルさと使い勝手の良さには定評がある。日本では、このバンドを「逆張り指標(バンドの上限で売り、バンドの下限で買い)」として頻繁に使っている投資家も少なくない。

次ページボリンジャーバンドは「順張り」が正攻法?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT