日経平均は当面2万円前後で高止まりする

ムーンウォークではなく、バンドウォーク?

M・ジャクソンの得意技は「ムーンウォーク」。 日経平均は「バンドウォーク」で上昇し続ける?(撮影:尾形文繁)

日経平均株価は2015年12月以来の2万円突破へ

日本株は、5月8日、代表的指標である日経平均株価がようやく年初来高値を更新、10日も2015年12月以来の「2万円の大台」まであとわずかの1万9900円で取引を終えた。

投資家心理を察すれば、2万円前後で「やれやれ」と、いったん利益確定売りをしておきたいところだろう。だが、結論から言うと、テクニカル指標の1つである「ボリンジャーバンド」で見ると、日経平均はこれから「さらなる上振れ」を示唆しているようにもみえる。このバンドの見方と使い方を解説しつつ、今後の相場の見通しを探ってみよう。

さて、上の図をご覧いただきたい。ボリンジャーバンドを使った日経平均株価の値動きを見たものだ。〔図は「会社四季報オンライン」の有料会員向けサービスからとったもの。ボリンジャーバンドは「株探」のチャートなどでも見ることができる〕。

ボリンジャーバンドとは、1980年代にジョン・ボリンジャー氏によって、米国で発案されたテクニカル指標である。見た目のシンプルさと使い勝手の良さには定評がある。日本では、このバンドを「逆張り指標(バンドの上限で売り、バンドの下限で買い)」として頻繁に使っている投資家も少なくない。

次ページボリンジャーバンドは「順張り」が正攻法?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。