日経平均は当面2万円前後で高止まりする

ムーンウォークではなく、バンドウォーク?

だが、意外かもしれないが、当のボリンジャー氏は「順張り指標(バンド上限で買い、バンド下限で売り)」としての活用を唱えている。また、いったんバンドを超えたら大きなトレンドとしてとらえ、その流れに追随し、利益を積み上げる戦略をとることをアドバイスしている。

ここで、改めてボリンジャーバンドの「おさらい」をしよう。このバンドは、ひとことでいうと、統計学の要素を盛り込んでおり、移動平均線を中心にして価格のバラツキを標準偏差σ(シグマ)で表示したものだ。

登山に例えれば+2σは9~10合目?

その±1σが約68%、より広い±2σが約95%としていることから、±2σのバンドの中で見れば、大半の価格は収まるとされている。

仮に「上昇相場」を登山に例えるなら、-2σ(約95%)を0~1合目、-1σ(約68%)を2~3合目、移動平均線を5合目、+1σ(約68%)を7~8合目、+2σ(約95%)を9~10合目とイメージするとわかりやすいかもしれない。

価格が+2σに達したり、+2σよりも上振れている局面は、いずれバンド内へ戻る可能性が高いことから、目先の「売りシグナル」として使われていることが多い。

しかし、実際ボリンジャーバンドを逆張り指標として使うと、1回あたりの利幅は案外小さいのも事実である。

一定の価格帯を上下に行ったり来たりする「ボックス相場」に対しては、ある程度機動的な対応ができるものの、結果的にトレード(売買回数)が多くなりコスト(売買手数料)も増え、さほど利益が伸びないこともあるのだ。

また、思惑と逆方向へ価格が大きく振れた場合、大きな損失を被ることもあり、早期かつ機械的にロスカット(損切り)する判断が求められる。

次ページボリンジャーバンドの3つのポイントとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT