「あなたのことはそれほど」が映す不倫の現実

のめり込む男女の心理と「ごまかし」「見破り」

美都も負けていません。光軌から暗に「美都の家へ行きたい」と求められたとき、「うちはダメ。同居人がいるから。2人のほうが広いところ借りれるから(ルームシェアしている)」と不可抗力と思わせるうそをついていました。

3話以降では、涼太や麗華が不倫を見破るテクニックや、疑惑を追及する方法なども見られるでしょう。つまりこのドラマは、「不倫したい人がそのごまかし方を、不倫されたくない人がその見破り方を学べる」という見方もできるのです。もちろん、不倫している人がこれらのテクニックを使ったところで、「不倫を円満に続けられる」「家族にバレない」という保証はありません。

不倫ドラマは「ファンタジー」だから面白い

今後の見どころは、早くも美都のうそに気づいた涼太の変貌ぶり。子づくりを迫るほか、狂気的な愛で美都を縛ろうとする姿が描かれるでしょう。そして、涼太と麗華が不倫の事実を知ったあとにどんな行動を取るのか? 怒りと嫉妬の炎が燃え上がるのか? その姿に注目が集まるでしょう。

最後に、不倫をされた人のエピソードを紹介します。

相談者の博史さん(仮名、41歳、金融管理職)は、妻・洋美さん(仮名、36歳、主婦)の携帯電話を見て不倫を知りました。博史さんは怒りに震えながらも、相手夫婦を交えた4人で会って話し合うことを提案。しかし、話し合いの場で、不倫相手・光雄さん(35歳)の妻・純さん(32歳)も夫の裏切りを知っていたことが明らかになりました。

純さんは「夫の不倫を知ったうえで泳がせていた」ようなのですが、不倫された女性にはこういう行動を取る人も多いようです。しかし、純さんのように「ただ悔しさをこらえる」女性ばかりではなく、「ひそかに復讐の準備を整えていた」というケースもよく聞くので、男性の皆さんは自分の妻を甘く見ないほうがいいかもしれません。

ちなみに、話し合いの場では、「お互いに連絡先を消し、2度と会わない」こと、「光雄さんは博史さんに、洋美さんは純さんに、それぞれ慰謝料を払う」こと、「相手を問わず、再び不倫をしたら1000万円の慰謝料を払って、離婚の決断を委ねる」ことが決められたそうです。

不倫をした美都と光軌、不倫をされた涼太と麗華。このドラマは、どの目線で見るのもOK。不倫を扱ったドラマは“ファンタジー”という前提のもとに、のぞき見するような感覚で見るのが醍醐味(だいごみ)ですが、ある意味、週刊誌で繰り返される不倫スクープよりも、リアルかつ刺激的かもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT