任天堂に次ぐ時価2位、ネクソンの隠れた実力

中・韓で超ロングヒットを続けるゲーム大手

この頃、ネクソンに対して熱いまなざしを送る男がいた。現在ネクソンの社長を務めるオーウェン・マホニー氏だ。当時、マホニー氏は米国のゲーム大手エレクトロニック・アーツで経営企画担当のバイスプレジデントを務めており、買収の対象としてネクソンをチェックしていたという。

ネクソンの買収を試みたオーウェン・マホニー氏だが、逆に入社し、自ら社長として会社を率いることになった(撮影:梅谷秀司)

マホニー氏は「当時はインターネットに接続するのにも多額のコストがかかる時代だったが、サーバー管理を非常に効率的に行っていた。さらに"通信会社にとってゲーマーは将来の優良顧客"と通信インフラ会社と料金を交渉し、よい条件でゲームを展開していたのが印象的だった」と話す。

マホニー氏は幾度も買収を提案したものの、金正宙氏はこれを拒否し、逆にネクソンへの入社を打診する。両者の駆け引きがしばらく続いた後、2010年にマホニー社長は買収をあきらめ、ついにネクソンへ入社することを決めたのだった。

当初の役職はCFOで、最初にかかわったのは株式公開に関する業務。翌2011年には東証1部へ上場し、2014年には社長に就任している。

中国・韓国への依存から抜けられるのか?

中国・韓国で圧倒的な強さを誇るネクソンだが、ほかの地域やスマホゲームへいかに展開していくかという点が大きな課題だ。現在、売上高の約8割を中国と韓国が占めており、収益を支えるのは10年以上前に配信されたPCゲーム。売上高に占めるスマホゲームの割合はまだ約2割にとどまる。

ネクソンは本社を置く日本市場でも苦戦してきた。日本はここ数年減収減益が続き、売上高全体に占める割合は1割にも満たない。モバイルゲーム拡大を狙って、2012年に開発会社のグループスを365億円で買収したが、思うような事業拡大ができず、2016年12月期に減損損失を強いられた。

また、今年3月には「中国が韓国企業のゲームの新規承認を停止する」と韓国紙が報じ、ネクソンの株価が大きく下落したことが注目を集めた。マホニー社長は「報道では色々な情報が出ているが、実際に中国当局から何かがあったわけではない」と話すが、もとより強い規制がかけられていることもあり、現在でも中国動向を不安視する声は根強い。

次ページ新作はヒットするか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。