任天堂に次ぐ時価2位、ネクソンの隠れた実力 中・韓で超ロングヒットを続けるゲーム大手

印刷
A
A
「HIT」は世界で1900万ダウンロードを突破。日本市場でも巻き返しを図る(写真:ネクソン)

中国・韓国以外で、どうすれば自社ゲームをヒットさせることができるのか。ネクソンには長期間ゲームの人気を維持できるという強みがある。ならば、あとは面白い新作ゲームをどれだけ出せるかが重要になる。

昨年12月に韓国で行われた国際ゲーム展示会で、ネクソンは史上最大規模となる35タイトルを同時公開し、新作を積極的に投入する姿勢を世界に示した。そして、同じく12月に配信されたアクションRPG「HIT」は世界で1900万ダウンロードを記録するなど、成果は徐々に出始めている。

それだけではない。他社との提携・買収も活発化させている。2016年3月には世界で1900万ダウンロードを誇る歴史ストラテジーゲーム「ドミネーションズ–文明創造」を開発する米ビッグ・ヒュージ・ゲームズを子会社化している。

将来はスマホやほかのゲーム機でも遊べるように

今後、ネクソンの追い風となるのはスマホの機能改善と、家庭用ゲーム機におけるオンライン通信の普及だ。

「スマホとPC、家庭用ゲーム機の性能が近づくことで、ネクソンが得意とする分野のオンラインゲームを遊べるハードウエアが増えていく。将来のゲーム開発において"どのハードウエア向けにゲームを作るか"というのは二次的な問題になるだろう」(マホニー社長)。

韓国発祥の日本企業で社長は米国人と、多様な側面を持つネクソン。中国・韓国におけるロングランPCゲームへの依存を脱し、名実ともにグローバルなゲームメーカーになれるのか。まずは大量に発表した新作ゲームの成否が世界戦略の試金石になりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT