4か月で株価3倍!米テスラモーターズの挑戦

注目の海外企業(1) 夢のエコカーから大衆車へ

2010年には、株式公開による調達資金に加えて、エネルギー省による低利の公的融資金を得ることに成功し、この資金を基にカリフォルニアに自前の製造設備を整え、2012年6月に第2世代のモデルを発売するに至った。この公的融資金は支払期日を9年前倒しする形で2013年5月に完済されている。

次世代モデルで見える大衆車への道

今年は出荷台数を大きく伸ばすと予想される現行モデルは、すでにシティコミューター的な乗り物の域を超えている。このモデルは高級セダンで、航続距離(最大走行可能距離)はバッテリー容量が最大のものだと、1回の充電で500km弱に達し、最高時速は200kmという。

充電は200ボルトのコンセントを使用した場合、1時間の充電で航続距離85km分を充電できる。高速道路を長距離走行することを考えると、充電の手間と所要時間、航続距離の長さについては、今後さらに改善の余地があるだろう。

さて、テスラのモデルは1台5万~8万ドル(米国内)で提供されているが、数年後にはさらに安価なものが計画されている。そのためには、運転操作の楽しさ、環境への優しさ、スタイルの美しさ、ハイテク機能の充実感などの付加価値をさらに高める一方で、バッテリーをはじめとする部品の軽量化や低コスト化、充電システムの進化などが必要になるだろう。

ここまでのテスラのEVの開発・製造そして出荷には、政策による後押しがあったことは見落とせない。ひとつは、まだ出荷台数が大きく伸びる見通しが立たない時期に、エネルギー省による公的融資を受けられたことが大きい。

次ページ今後の注目点は・・・
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?