米国で電気自動車エンジニアの求人急増--自動車業界での経験問わないテスラ・モーターズ

米国で電気自動車エンジニアの求人急増--自動車業界での経験問わないテスラ・モーターズ

ゼネラル・モーターズ(GM)のシボレーVolt、フォードのフォーカスEV、テスラ・モーターズのロードスター、タタ・テクノロジーズのインディカ・ヴィスタEV、日産のリーフなど、世界中の自動車メーカーがEV(電気自動車)の開発に力を注いでいる。

経営コンサルティング会社のアクセンチュアは、米国では2015年に150万台の電気自動車が、20年には1000万台が出回ると予測している。フォードの役員アンソニー・アーリーは、電気自動車業界で20年までに4万人の雇用が創成されるという。米国政府のグリーンテクノロジー投資といった追い風もあり、米国自動車企業は、EVやハイブリッド車に対応できるエンジニアを早急に求めている。

GMは、電動ドライブシステム用に1000人のエンジニアと研究者を探している。クライスラーも同様に1000人、フォードは750人を募集中だ。インドメーカーのタタも約200人のEVエンジニアを米国内で募集している。テスラは東京支社の営業職2人を含む165人以上の人員を探している。

旧来の工学技術はEVの動力伝達などには役に立たないため、各自動車メーカーは人材確保に奮闘しているのだ。

オンライン試験と数度の面接で世界中から最適人材を探す

10年第4四半期の売り上げが対前年比の倍増の3630万ドルだったテスラ。同社はパロアルトの本社のほか、ボストン、シカゴ、ニューヨークなど米国内、そしてロンドン、パリ、モナコ、ミラノ等世界数十カ国で人材を探している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT