米国で電気自動車エンジニアの求人急増--自動車業界での経験問わないテスラ・モーターズ

米国で電気自動車エンジニアの求人急増--自動車業界での経験問わないテスラ・モーターズ

ゼネラル・モーターズ(GM)のシボレーVolt、フォードのフォーカスEV、テスラ・モーターズのロードスター、タタ・テクノロジーズのインディカ・ヴィスタEV、日産のリーフなど、世界中の自動車メーカーがEV(電気自動車)の開発に力を注いでいる。

経営コンサルティング会社のアクセンチュアは、米国では2015年に150万台の電気自動車が、20年には1000万台が出回ると予測している。フォードの役員アンソニー・アーリーは、電気自動車業界で20年までに4万人の雇用が創成されるという。米国政府のグリーンテクノロジー投資といった追い風もあり、米国自動車企業は、EVやハイブリッド車に対応できるエンジニアを早急に求めている。

GMは、電動ドライブシステム用に1000人のエンジニアと研究者を探している。クライスラーも同様に1000人、フォードは750人を募集中だ。インドメーカーのタタも約200人のEVエンジニアを米国内で募集している。テスラは東京支社の営業職2人を含む165人以上の人員を探している。

旧来の工学技術はEVの動力伝達などには役に立たないため、各自動車メーカーは人材確保に奮闘しているのだ。

オンライン試験と数度の面接で世界中から最適人材を探す

10年第4四半期の売り上げが対前年比の倍増の3630万ドルだったテスラ。同社はパロアルトの本社のほか、ボストン、シカゴ、ニューヨークなど米国内、そしてロンドン、パリ、モナコ、ミラノ等世界数十カ国で人材を探している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?