アップルが中核技術の支配を加速させている

将来の技術革新に備える決意の表れ

アップルのルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は2月の会議で「われわれは以前に比べ、基本的な技術の社内開発を大幅に増やした」と述べた。

大半の消費者向け電子機器メーカーは、チップの設計・開発を外部業者に頼っている。コストが極端に高いのが主な理由だ。

しかしアップルは非常に巨大化したため、自社で設計したり、小さな部分だけ他社とライセンス契約を結び、それを基に開発を進めていくことが経済的に見合うようになった。チップの実際の製造は今でも外部に委託している。

コスト削減

この分野に詳しい人々によると、社内設計を増やすと煩雑さを減らせるという利点がある。かつては1つかそれ以上の設計チームに加え、製作チームを管理していたのが、アップルは今や製作チームだけを管理すれば済むようになった。

この結果、仮想現実(VR)やARといった新しい技術分野で素早く身動きが取れ、コストも節約できるようになった。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は製品にARを組み込む計画を示唆しており、そうなるとイマジネーション社が提供しているような3Dセンサーやグラフィック・チップが極めて重要になる。

アイフォーンのチップを自社で設計できるようになれば、コストも抑えられる。新機能を満載した次期アイフォーンの発売を秋に控え、この点は非常に重要になってくる。

コーエン・アンド・カンパニーのティモシー・アーキュリ氏の調査ノートによると、例えば新型アイフォーンで予想される曲面スクリーンの導入により、コストは最大50ドルも増える。

FBNセキュリティーズのアナリスト、シェビル・セイラフィ氏の推計では、第1・四半期のアイフォーンの平均価格は695ドルと、1%しか上昇していないが、コストは8%上昇して420ドルとなり、粗利ざやは39.6%となった。2015年の平均44%から縮小している。

アップルがイマジネーション社のチップに払っているライセンス料は年間わずか7500万ドルだが、チップ設計業者向けのライセンス料をすべて合わせると、アイフォーンのコストを大きく押し上げている。

(Stephen Nellis記者)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。