BBC放送事故で炎上した教授が伝えたいこと 「子育ては重労働になることだってあります」

拡大
縮小

私はマリオンを押しのけたのではありません。ただ椅子で後ろに押し戻そうとしただけです。部屋に子供のおもちゃと本があったので、インタビューが終わるまで少しだけでも本を読んでいてほしいと思っていました。

そして、私はズボンをはいていました。一部の人々は、私が立ち上がらないのはズボンをはいていなかったからだろうと言いますが、私はインタビューを中断しないために立ち上がらないことを選択しただけです。

このインタビューは「やらせ」ではありません。このような状況が、事前に仕組まれたものだろうと言う人もいましたが、全くそうではありません。

放送事故直後、妻とはけんかをせず、子供もしかりませんでした。私たちは実際、テレビ局からのインタビュー依頼はもう来ないだろうと思っていました。

先入観と偏見の論争に関して

最後に、この映像について真面目な社会的分析がありました。私たちは政治的な社会的な分析については何もコメントしません。私たちは、これをとてもオープンな放送事故として見ただけです。

声明を読み上げた直後の質疑応答では、妻のキム・ジョンアさんがベビーシッターとして誤解されたことについて「過去にも似たような経験があり、正直、あまり不愉快には思わなかったし、むしろ理解できた。今は多文化家庭(国際結婚の家庭)が増えてきたし、そのような偏見が変化するといいと思う」と述べた。

ケリー教授は引き続き、この放送事故が教授としての信憑性を損なったと思うかと質問され「少し心配はあるが、これにより、私の論文と仕事について、さらに関心を持ってくれる人が多いとありがたい」と答えた。

最後にケリー教授は、放送事故で中断された朴槿恵・前大統領の弾劾について、自身の見解を改めて伝えた。聯合ニュースによると、「憲法と法律に従うという原則を守るだけでよい」と、韓国が今後進むべき方向について助言した。

【ハフポストの関連記事】
サンタになった女神たち 綾瀬はるか、小嶋陽菜...画像で紹介
あなたの女性器は素晴らしいもの」ヴァギナペンダントに人気殺到、デザイナーが嬉しい悲鳴
「やるしかない」マドンナが陰部の写真で訴えたメッセージとは

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT