生保10社に行政処分 時期と内容には疑問

生保10社に行政処分 時期と内容には疑問

国内8社・外資系2社の生命保険会社に対し、金融庁が業務改善命令を下した。保険金不払い問題で、各社の経営管理などに改善が必要というのが理由だ。

が、これには疑問もある。

まずその内容だ。今回の命令は、各社が現在行っている内部管理改革に対するもの。事後処分よりは、将来の行動を指導する色合いが濃く、必要性がわからない。支払い漏れの多寡に関係なく処分内容も一律。処分された生保より支払い漏れが多いのに、今回処分されなかった会社もある。なぜ、中下位生保より改革の進んでいる上位10社に絞って、今回処分を出したのか。その基準は明確ではない。

時期も疑問だ。例年7月は霞が関の人事異動の季節。金融庁の保井俊之保険課長も異動する見通しだ。異動前に駆け込みで処分を発動したと勘ぐりたくもなる。旧弊の残る保険業界が変わろうとしているのは、この3年ほどの金融庁の取り組みによる功績だ。だが、今回の処分だけは、不払い問題に対する役人のアリバイづくりの感がある。

(筑紫祐二 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。