生保10社に行政処分 時期と内容には疑問

生保10社に行政処分 時期と内容には疑問

国内8社・外資系2社の生命保険会社に対し、金融庁が業務改善命令を下した。保険金不払い問題で、各社の経営管理などに改善が必要というのが理由だ。

が、これには疑問もある。

まずその内容だ。今回の命令は、各社が現在行っている内部管理改革に対するもの。事後処分よりは、将来の行動を指導する色合いが濃く、必要性がわからない。支払い漏れの多寡に関係なく処分内容も一律。処分された生保より支払い漏れが多いのに、今回処分されなかった会社もある。なぜ、中下位生保より改革の進んでいる上位10社に絞って、今回処分を出したのか。その基準は明確ではない。

時期も疑問だ。例年7月は霞が関の人事異動の季節。金融庁の保井俊之保険課長も異動する見通しだ。異動前に駆け込みで処分を発動したと勘ぐりたくもなる。旧弊の残る保険業界が変わろうとしているのは、この3年ほどの金融庁の取り組みによる功績だ。だが、今回の処分だけは、不払い問題に対する役人のアリバイづくりの感がある。

(筑紫祐二 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。