日本にいながら「米国株投資」で儲ける方法

3人の日本人投資家が経験談を語る

ではたくさんある銘柄の中からどうやって選別していくのか。

「自分に“肌感”がないものは買いにくいので、多国籍企業から選ぶ。たとえばダウ工業株30種平均に採用されている銘柄(アップル、ウォルト・ディズニーなど)は、米国市場の中でも厳選された会社なので信頼できる。AT&Tやジョンソン・エンド・ジョンソンのように、米国は大企業のほうが割安。日本だと優良銘柄でも一気に株価が下がることがあるが、多国籍企業はそれがない」(www9945さん)

現在の資産は約2.7億円。その大半が株で、内訳は日本株が3分の2、残りが外国株だ。配当で生計を立てているため、米国株でも配当利回りを最も重視している。

「目安は4%以上。食品や薬品などディフェンシブ銘柄をマークしている。売上高の推移や配当、キャッシュフロー、利益、ROA(総資産利益率)もチェックする。米国企業はROE(自己資本利益率)が高いのであまり見る必要はない。あとは株価チャート。私は緩やかに伸びているジリ高が好きだ」

買った銘柄や注目している銘柄の値動きはスマートフォンでチェックするほか、「適当なる投資家K.の米国株式投資録」など日本人投資家のサイトも参考にする。証券会社は、米国株や中国株、ADRを買うときはSBI証券、アジア株は藍澤証券と使い分けているという。

「米国の個別株は面白い。ただし証券会社に勧められた銘柄を買うのではなく、自分できちんと分析して買ったほうがいい」

米国は成長市場 下がったらすぐ買う

『週刊東洋経済』の会員制サービス「週刊東洋経済プラス」。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読めます。さらにプラス会員(有料)にご登録いただくと、すべての記事をPC・スマホ・タブレット(Web)で閲覧でき、『週刊東洋経済』が毎号お手元に届きます

ファイナンシャルプランナーとして活躍するAさんは、もともと日本株などに投資をしていたが、3年ほど前から米国株投資を始めた。買った銘柄はスポーツ用品の「アンダーアーマー」。商品を使ってみて、よさを実感したことがきっかけだ。長期投資の前提で途中で買い増しもしており、含み益を生んでいる。

「日本では買えない企業の株を買えるのが魅力。米国は市場自体に成長性がある。日本は人口が減少し期待ができない。米国の資産をもっと増やしたいと思っていて、昨年夏はドルも買っていた」(Aさん)

トランプ相場で株式相場が急激に上がったため、現在は投資を手控えているが、下がったらすぐにでも買いに動く準備をしている。

ここで紹介した3人に共通するのは「知らない銘柄は買わない」ということだ。(週刊東洋経済1月21日号『トランプ相場に乗れ!』掲載記事を一部加筆・修正)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT