「ジャパンオイスター」がアジアを席巻する日

香港の富裕層が「被災地」三陸のカキを絶賛

大震災の2日後には、山形県経由で宮城県に入った。家は大規模半壊したが、避難所で家族の安全は確認できたという。「家族は無事だった」。そこで立花さんは終わらなかった。大混乱が続くなかで「自分ができるかぎりのことをしよう」――。そう思い、動きはじめたのだ。大震災直後から宮城県内を炊き出しボランティアで回るうちに、かかわることになったのは、地元の仙台ではなく、仙台から北東へ50キロメートル以上も離れた宮城県石巻市雄勝町だった。

都会の人に「第2の故郷」を

立花 貴(たちばな たかし)/公益社団法MORIUMIUS 代表理事。株式会社雄勝そだての住人 業務執行役員。一般社団法人東の食の会理事。公益社団法人3.11震災孤児遺児文化スポーツ支援機構理事。株式会社薬師寺門前AMRIT代表取締役。宮城県出身。東北大学法学部卒業後、伊藤忠商事6年勤務後、2000年食をテーマに食品流通会社を起業。2011年5月にsweettreat311(現MORIUMIUS)を設立。震災後、東京から雄勝町へ住民票を移し、東京と雄勝間・往復約1000キロの道のりを6年で600往復。首都圏から延べ1300人を雄勝へ連れ、地元住民とともに教育と産業で日本の新しい町づくり、コミュニティづくりに取り組む

雄勝町は、深い入り江、すぐ近くには山が迫る、そんなリアス式海岸の景勝地として知られている美しい漁村である。50年前にはその狭い場所に1万人以上が居を構えていたが、大震災前には5000人を切っていた。津波が雄勝を襲った後、人口は1500人強にまで減少した。

雄勝といえば知る人ぞ知る日本一の硯(すずり)の産地でもあるのだが、若い世代は仕事を求めて宮城県の第2の都市である石巻市内や県の最大都市・仙台、それ以外の地域へと移っていった。急激な人口減少で学校の数も減った。公共交通機関を使って通える高校は限られている。

東北にはよく見られるが、高校進学とともに親元を離れることも多い地域だった。限界集落となることは見えていたのだが、津波によって「未来」が「今」になったのである。

「日本中どこの地域でも、いずれ人口は減少します。それを前提として、『集落がこれからも存続するためには、何ができるのか』を模索しました」

実は、雄勝は人口が急速に減少したとはいえ、地域の団結は強かった。これは世代を超えていると感じたという立花さん。減ったとはいえ、比較的若い漁師もいる。人口を急激に増やすことはできなくても、この地域の人に都市部の人がつながり、「なくてはならない地域」「第2の故郷」としての価値を生むことができる、というのである。

そのために“コミュニティ消費型の漁業”の実現を考えた。まずは知ってもらうためのイベントである。自ら車を運転し、首都圏から毎週雄勝へと人を運び、雄勝の魅力を実感してもらった。「イベントをやることで、新しい日本の漁業も、雄勝の町も、人との絆も一緒に育ててほしいと考えました。来てくれた人が家に帰っても、雄勝を思ってもらうことです。そのひとつの形が“雄勝そだての住人”という活動です」。

活動は2011年8月から始まった。「これは生産者の顔の見える漁業を目指し、水揚げしたばかりのカキやホタテなどを、契約者に旬の時期にお届けする。併せて、水揚げ時の写真やそれまでの活動報告、食べ方の提案などを商品に同封してきました」。

こうして少しずつつながりを密にしつつ、定期的に体験イベントも行うようにした。都会生まれの子供は、田舎を知らずに育つ。このイベントで雄勝を訪れることで、疑似的ではあるが「田舎」と「故郷」も体験できるのだ。

この事業はさらに進化を遂げ、ブランドづくりに挑戦することになる。それが『Japan Oyster SANRIKU himeco(ヒメコ)』だ。これは新たに始めた三陸産の岩ガキだ。「ジャパンオイスター・ヒメコ」として海外輸出専用に、カキを三陸の海で育てているのだ。

次ページ「ジャパンオイスター」ヒメコの魅力とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT