致命的に資料がわかりにくい人の6つの盲点

複雑な資料を「引き算」で劇的に変える

たとえば、会議室に座っていて、非常に細かく書きこまれた複雑なスライドを見たときに、「うっ」と声が出そうになったことはないでしょうか?

あるいは、リポートや新聞を読んでいて、「面白そうだけど、ここから何を読み取ればいいかわからない」と理解するのをやめて、つぎのページをめくった経験はありませんか?

これらは、不必要な認知的負荷(Cognitive Load)の体験だと言えます。認知的負荷は、人間が新しい情報を得るときの脳の働きのことですが、言うまでもなく人間の脳の処理能力には限界があります。余計な認知的負荷は、相手の頭の処理能力を使わせるだけで、情報を理解させるうえでは何の役にも立ちません。

データや資料を使って受け手を動かしたいときは、この認知的負荷を最小限(でも、情報が十分に伝わる程度)に抑えることを考えましょう。

過剰、または無関係な認知的負荷を作り出す原因を、私は「クラター(ごちゃごちゃ)」と呼んでいます。クラターとは、スペースを取るばかりで何の理解も促さないビジュアル要素のことです。

このクラターは、相手に不快な体験をさせます(「うっ」という瞬間のことです)。資料を実際よりも複雑に見せてしまい、相手が理解を放棄することになれば、その時点でコミュニケーションが成立しなくなってしまいます。

視覚認知には法則がある

そうした事態を避けるためには、まず、伝えたい情報とクラターを識別しなければなりません。そのときに参考になるのが視覚認知のゲシュタルトの法則(Gestalt Principles of Visual Perception)です。

ゲシュタルト心理学は、1900年代初頭に、人間がどのように周りの世界の秩序を認知するのかを示しました。人々が視覚刺激をどのように受け取り、秩序を見いだすのかを説明したこの法則は、今日でも受け入れられています。

ここでは、「近接」「類似」「囲み」「閉合」「連続性」「接続」という6つのゲシュタルトの法則を簡単に説明しておきます。いずれも、見やすく、理解しやすいグラフを作るときの助けになる概念です。

人の視覚認知におけるゲシュタルトの法則
1.近接……物理的に近くにあるものを同じグループに属するものとみなす
2.類似……似た色、形状、サイズ、向きを持つものを同じグループとみなす
3.囲み……一緒に囲まれているものを同じグループとみなす
4.閉合……一部が欠けていても、頭の中にある全体の構造にあてはめて認識する
5.連続性……明確に連続性がなくても、最も自然な形でそれを見出す
6.接続……線などで物理的につなげられているものを同じグループの一部とみなす
次ページ「閉合」の法則の効果をあらわしたグラフ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT