致命的に資料がわかりにくい人の6つの盲点

複雑な資料を「引き算」で劇的に変える

『Google流 資料作成術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1.グラフの囲みを取る

エクセルのようなグラフアプリケーションでは、初期設定に、グラフの境界線や背景色といった要素が含まれています。しかし、先に示した事例のように、ゲシュタルト「閉合」の法則によってこれらがなくても識別できます。むしろないほうが際立って見えます。

ページ上のほかの要素からグラフを区別するためには、囲みではなくホワイトスペース(空白)を利用しましょう。

ちなみに、人々はなぜかページ上の空白を恐れる傾向があり、つい何かで埋めたくなりますが、多くの場合それはクラター化します。特定の目的があるときにのみ、データを追加しましょう。

データがより目立つようになる

2.グリッド線を削除する

グリッド線があることでデータがより読み取りやすくなると感じる場合には、グリッド線を残してもよいでしょう。しかしその場合は、グリッド線を細く、薄いグレーなどにして、データの邪魔にならないようにしましょう。グリッド線を完全になくすことができれば、コントラストによって、データはより目立ちます。

次ページ余計な要素は削除
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT