ネット通販の激増で日本の宅配便は崩壊する

2割占める「再配達」を宅配ボックスで減らせ

消費者がモノを買うにあたり、つねに考えているのが”購買コスト”だ。商品を購入するために要する費用であり、店に行くための交通費や移動時間、持ち帰りのための労力も含めた、トータルのコストである。リアル店舗で購入するかネット通販で購入するかは、こうした要素の削減も含めた購買コストを判断材料に、メリットとデメリットを比較している。

ネット通販を選ぶうえで重視されるのは、何といっても時間コストである。小さな子どものいる主婦や、仕事で帰宅の遅い単身者にとっては、時間の制約がどうしても大きい。とはいえ、時間帯指定にしたとしても「2時間」という幅があり、その間は自宅で待っていなければならない。到着を待ちきれずに出かければ、再配達となり、利用者にも宅配便会社にも販売業者にも、新たな負担となってしまう。

カギを握るのは宅配ボックスの普及

この時間コストを解決する方策で今、注目されているのが、商品を受け取るピックアップポイントの活用だ。マンションだけでなく、コンビニエンスストアや駅などに、「宅配ボックス」を設置する動きが広がっている。非対面でピックアップできる宅配ボックスが全国に普及すれば、利用者は自分の都合で商品を受け取ることが可能で、時間コストを削減できる。同時に宅配便会社にとっても再配達コストの削減になる。

日本の宅配便は世界的にも最高レベルといっていい。しかしそれも、ドライバー不足や物量拡大、サービスの高度化などを受け、持続できなくなりつつある。利用者、販売業者、宅配便会社にとって、何が望ましい形なのか。このまま手を打たなければ、日本の物流は間違いなくパンクする。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。