「こつこつ」という日本語が突き付ける現実

今の自分の行動が未来を切り開く

今の自分の行動が未来を切り開きます(写真 :Ushico / PIXTA)
浄土真宗本願寺派僧侶でありながら、通訳や翻訳も手掛ける大來尚順氏による連載『訳せない日本語~日本人の言葉と心~』。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けする。

人それぞれの「こつこつ」

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

「成功とは1%の才能より99%の努力」。おそらく、アメリカの発明家トーマス・エジソンの「天才は1%のひらめきと99%の努力」をもじった文句だと思われますが、これは私が中学1・2年生の時の担任の先生から、耳にタコができるくらい聞かされた言葉です。当時は、何度聞いても右耳から左耳へとスーっと聞き流していましたが、どこかでその流れは止まったのか、気がつけば私の人生の指針となっていました。

実際、今までの自分の道のりを振り返ってみると、人一倍がむしゃらに努力してきた半生だったと思います。たとえば、アメリカの大学院に留学していた頃は、1日に大量の英文章を読んでいたのですが、分からない英単語でいっぱいでした。

しかし、その日に調べた大量の英単語は紙に書きとめ、必ず寝る前にそれらすべてを覚えるまで、ひたすら雑記帳に書いて発音するということをしていました。この習慣は帰国してからも続き、今ではある程度の英語の書物であれば、辞書がなくても読めるようになりました。過去にできなかったことが、日々の努力によって気がつけばできるようになっていた感動、多くの方が共感されるのではないでしょうか。

次ページ「こつこつ」という言葉を英語にしてみると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT