「地図が読めないの私だ!」道に迷う人の嘆き

予習をすればたどり着ける?

杉下さんは地図による案内を諦めた。駅からの視覚情報に従い、写真と文章で詳細な案内を用意すると、迷う人は激減した。

そう、地図弱者が求めているのは、地図という記号ではなく、視覚情報や言葉による解説だ。

方位磁針を持ち歩いていないから、東西南北はわからない。天候や立地によって太陽は見えないから、道案内に適した指標のはずがない。駅の何口を出て、左右どちらにどれだけ進むのか、具体的に教えてほしい。

そもそも、なぜ地図を持っていても迷うのか。地図が読めない人は地図上の情報と現実の世界がリンクできていない、と指摘するのは、方向音痴に悩む人向けにセミナーを開催している北村壮一郎さん。

北村さんの講座では、実際に街を歩いて自分なりの目印を見つけ、それをもとに地図に描き起こす練習をする。2次元(地図)と3次元(現実)を行き来することに慣れれば、地図の情報から現実のイメージを思い浮かべられるようになるという。

くるくる回す理由

方向音痴といえば、道端で地図をくるくる回している姿を思い浮かべる人も多いだろう。静岡大学の村越真教授(心理学)によれば、これは「整置(せいち)」と呼ばれる地図を読むための重要なスキルのひとつだ。

地図と実際の方向が合っていない場合、頭の中で回転させる手間が必要になり、これが間違いのもとになる。人間は、頭の中で物の見え方を回転させる操作が苦手だ。地図を読めない人は、東西南北ではなく、自分を軸に「右・左」でとらえがち。何度か曲がったあとに全体を把握しようとして、頭の中で右や左のつながりを回転させて整理する必要が生じる。それがさらなるハンディになっているのだろう、と村越教授は話す。

目的地までたどり着くには、地図を使うスキルのほかに、周囲の位置関係の把握、目印の記憶、都市空間や建物構造に関する一般的知識といった能力も関係してくる。遠くに見えるものを意識し全体的な位置把握をしながら、曲がり角では集中してランドマークの情報を覚える。人が多いほうが駅に近いなどの知識も活用すれば、初めての場所でもある程度推測できる。

「予習が足りないのでは」と指摘するのは、明治大学の藤田直晴教授(都市地理学)だ。

簡略化された案内図では、ランドマークや交差点など、目的地までの情報の提示が足りないこともあれば、果ては間違っていることもある。

「必要な情報が不足していれば、私でも道に迷います。迷わないためには地図をもとに予習も必要です。どこを基点にどの方向に進むのか、目印は何か。目的地までの周辺情報を、出発前に頭に入れておくことです」

次ページ自分中心の地図の時代
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。