世界一の大混雑!「新宿駅のバグ」を読み解く

「マツコ」でも話題の駅オタクが語る

とにかく複雑な新宿駅、その読み解き方とは?(写真:gandhi / PIXTA)
TBS系列「マツコの知らない世界」に、渋谷駅をテーマに出演し話題となった、駅オタクの第一人者である田村圭介氏。一級建築士で、昭和女子大学環境デザイン学科准教授でもある。その田村氏によると、実は渋谷駅だけではなく、世界一混雑する駅としてギネス認定されている新宿駅もかなり難解だという。『新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか』(SB新書)を著した同氏に、新宿駅の謎について語ってもらった。

「新宿駅でさまよう羊たち」

4月4日、新宿駅南口に「バスタ新宿」がオープンした。バスタとはバスターミナルを省略したネーミングである。

これまで新宿駅にはまとまった敷地が取れず、高速バスターミナル乗り場が駅周辺の19カ所に分散してあった。その散らばっていたのを、今回「バスタ新宿」で集約させたわけである。これは、新宿駅そして新宿にとっては画期的なことである。その敷地をどう捻出したかが興味深いところであるが、なんと南口の線路上に造ってしまった。何とも都市的な施設なのである。

「バスタ新宿」の隣の超高層ビル「ミライナタワー」と商業施設「ニュウマン(NEWoMan)」とを合わせて南口が盛り上がることは確かだが、高速バスターミナルを探して新宿駅をさまよう人も明らかに減るに違いない。

この記事では、そんな人々がさまよってしまう新宿駅について考えてみたい。

1. 就活生の人生を決める新宿駅は就活の第一関門?!

新宿駅でも黒の就活スーツに身を包みぎこちなく背筋をのばした若者を見かける季節になった。いかにも就活中の彼らが眉間にしわを寄せながらスマホを片手に新宿駅でキョロキョロしているのを見かけると、聞かれてもいないのに、つい「どちらへ行きたいのですか?」と手助けをしたくなる。さまよえる羊さんたちには首から「迷っています」というプラカードでも下げてもらいたい。

新宿で行われる企業の就職説明会や面接の遅刻の理由で最も多いもののひとつが「新宿駅で迷った」というものであると聞いたことがある。これは新宿駅で迷った経験がある人には分かるだろう。普段、新宿駅を使い慣れている人でも、事前に最寄りの出口を調べていなかったならば、初めての目的地へたどり着くのは至難の業である。

次ページ新宿はバグ多発地帯
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。