最新の健康法「おとなまき」を知っていますか

おくるみセラピーが静かなブームの兆し

 2月4日、頭からつま先まで白い布に袋状に包まれ、ゆっくりゆらされることで出産後の肩や腰の痛みをやわらげる、という最新の健康法「おとなまき」が静かなブームを呼んでいる(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 頭からつま先まで白い布に袋状に包まれ、ゆっくりゆらされることで出産後の肩や腰の痛みをやわらげる、という最新の健康法「おとなまき」が静かなブームを呼んでいる。

この大人のおくるみセラピーは、赤ちゃんが生まれた時に布にくるまれる状態を真似たもので、京都の助産師が考案した。

東京で最近開かれた講習会に参加した5人のお母さんたちは、仰向けに寝て膝を胸にかかえた状態で白い布にくるまれる。スタッフがゆらすのを手伝ってくれる。ある参加者は「身体が温かく感じてきた。体験したことのない感覚で表現が難しい」と話した。

癒しの効果に疑問を持つ人もいる。あるカイロプラクターは、背中の痛みには医者に行くように勧めている。「リフレクソロジーやストレッチのようなものだとしても、それほどの効果があるとは思えない」と語った。

*表現を一部修正して再送しました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?