パリのろう人形館でも「トランプ人形」完成

本物の毛髪を使い、リアルに髪型を再現

 1月19日、パリの観光名所「グレヴァンろう人形館」は、就任式を翌日に控え、トランプ次期米大統領のろう人形を公開した(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 19日 ロイター] - パリの観光名所「グレヴァンろう人形館」は、就任式を翌日に控えた19日、トランプ次期米大統領のろう人形を公開した。本物の人間の毛髪を使い、トランプ氏の独特の髪型を再現した。英ロンドンのマダム・タッソーろう人形館のトランプ人形は、ヤクの毛を使っている。

担当者は「ぴったりの色を手に入れるのは大変だった。一本ずつ植えていく必要があったが、とても自然に仕上がった」と語った。

同人形館では、11月の米大統領選挙でヒラリー・クリントン氏が勝利すると見込んでクリントン人形の作成を先行させていたため、大急ぎでの作業になったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT