パリのろう人形館でも「トランプ人形」完成

本物の毛髪を使い、リアルに髪型を再現

 1月19日、パリの観光名所「グレヴァンろう人形館」は、就任式を翌日に控え、トランプ次期米大統領のろう人形を公開した(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 19日 ロイター] - パリの観光名所「グレヴァンろう人形館」は、就任式を翌日に控えた19日、トランプ次期米大統領のろう人形を公開した。本物の人間の毛髪を使い、トランプ氏の独特の髪型を再現した。英ロンドンのマダム・タッソーろう人形館のトランプ人形は、ヤクの毛を使っている。

担当者は「ぴったりの色を手に入れるのは大変だった。一本ずつ植えていく必要があったが、とても自然に仕上がった」と語った。

同人形館では、11月の米大統領選挙でヒラリー・クリントン氏が勝利すると見込んでクリントン人形の作成を先行させていたため、大急ぎでの作業になったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT