パリのろう人形館でも「トランプ人形」完成

本物の毛髪を使い、リアルに髪型を再現

 1月19日、パリの観光名所「グレヴァンろう人形館」は、就任式を翌日に控え、トランプ次期米大統領のろう人形を公開した(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 19日 ロイター] - パリの観光名所「グレヴァンろう人形館」は、就任式を翌日に控えた19日、トランプ次期米大統領のろう人形を公開した。本物の人間の毛髪を使い、トランプ氏の独特の髪型を再現した。英ロンドンのマダム・タッソーろう人形館のトランプ人形は、ヤクの毛を使っている。

担当者は「ぴったりの色を手に入れるのは大変だった。一本ずつ植えていく必要があったが、とても自然に仕上がった」と語った。

同人形館では、11月の米大統領選挙でヒラリー・クリントン氏が勝利すると見込んでクリントン人形の作成を先行させていたため、大急ぎでの作業になったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。