パリのろう人形館でも「トランプ人形」完成

本物の毛髪を使い、リアルに髪型を再現

 1月19日、パリの観光名所「グレヴァンろう人形館」は、就任式を翌日に控え、トランプ次期米大統領のろう人形を公開した(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 19日 ロイター] - パリの観光名所「グレヴァンろう人形館」は、就任式を翌日に控えた19日、トランプ次期米大統領のろう人形を公開した。本物の人間の毛髪を使い、トランプ氏の独特の髪型を再現した。英ロンドンのマダム・タッソーろう人形館のトランプ人形は、ヤクの毛を使っている。

担当者は「ぴったりの色を手に入れるのは大変だった。一本ずつ植えていく必要があったが、とても自然に仕上がった」と語った。

同人形館では、11月の米大統領選挙でヒラリー・クリントン氏が勝利すると見込んでクリントン人形の作成を先行させていたため、大急ぎでの作業になったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。