「鼻からくる歯の痛み」は一体何が原因なのか

蓄膿症とも呼ばれる副鼻腔炎を疑ってみよう

歯と鼻には密接な関係があります(写真:voyagerix / PIXTA)

この時期、「寒さが原因で風邪をひいて鼻水が止まらない」なんて人も多いのではないでしょうか。「鼻水は止まらないし、なんか奥歯まで痛くなってきた!と思って歯医者に行ったら虫歯ではなく副鼻腔炎(蓄膿症)だったなんて方もいらっしゃると思います。

筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることの1つが、副鼻腔炎が歯にもたらす影響です。

副鼻腔とは上顎と頬、鼻に囲まれた空洞です。風邪などによって、この副鼻腔に炎症や感染が流れておきた状態を副鼻腔炎、一般的に蓄膿症と呼んでいます。副鼻腔炎には歯が原因で起こる「歯性上顎洞炎」と、鼻づまりなど鼻が原因で起こる「鼻性上顎洞炎」があります。副鼻腔にはいくつか種類があるのですが、特に副鼻腔の中でも上顎洞は上顎の歯に近く、副鼻腔炎(上顎洞炎)になると上顎の奥歯が痛くなることが多いのです。

なぜ、虫歯など歯の痛みと副鼻腔炎を間違えるのか

円で囲った部分を見ると、歯の根と副鼻腔が非常に近い関係にあることがわかります
次ページ歯の痛み以外にも…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。