「鼻からくる歯の痛み」は一体何が原因なのか

蓄膿症とも呼ばれる副鼻腔炎を疑ってみよう

歯と鼻には密接な関係があります(写真:voyagerix / PIXTA)

この時期、「寒さが原因で風邪をひいて鼻水が止まらない」なんて人も多いのではないでしょうか。「鼻水は止まらないし、なんか奥歯まで痛くなってきた!と思って歯医者に行ったら虫歯ではなく副鼻腔炎(蓄膿症)だったなんて方もいらっしゃると思います。

筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることの1つが、副鼻腔炎が歯にもたらす影響です。

副鼻腔とは上顎と頬、鼻に囲まれた空洞です。風邪などによって、この副鼻腔に炎症や感染が流れておきた状態を副鼻腔炎、一般的に蓄膿症と呼んでいます。副鼻腔炎には歯が原因で起こる「歯性上顎洞炎」と、鼻づまりなど鼻が原因で起こる「鼻性上顎洞炎」があります。副鼻腔にはいくつか種類があるのですが、特に副鼻腔の中でも上顎洞は上顎の歯に近く、副鼻腔炎(上顎洞炎)になると上顎の奥歯が痛くなることが多いのです。

なぜ、虫歯など歯の痛みと副鼻腔炎を間違えるのか

円で囲った部分を見ると、歯の根と副鼻腔が非常に近い関係にあることがわかります
次ページ歯の痛み以外にも…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT