「鼻からくる歯の痛み」は一体何が原因なのか

蓄膿症とも呼ばれる副鼻腔炎を疑ってみよう

副鼻腔炎による歯の痛みをもう少し細かくご説明しましょう。

1. 上顎の奥歯が痛い

副鼻腔炎になると上顎の奥歯全体が痛くなることがあります。上顎の奥歯の根は副鼻腔に入り込んでいることが多く、副鼻腔炎になると炎症が根の先から伝わり、上顎の奥歯が痛くなります。

2. 何もしなくてもズキズキする

副鼻腔炎によって、根の先や神経を圧迫したりして激痛が出ることがあります。副鼻腔炎が改善されれば治ることが多いのですが、痛みが強いために虫歯の痛みと間違われることもあります。

3. かみ合わせた時に痛む

副鼻腔炎によって歯の周りにある歯根膜(しこんまく)という器官に炎症が広がり、かんだ時に痛い感じがします。歯根膜は何かをかんだ時に硬い、軟らかいなどを判断する器官です。

4. 歯の根が浮いた感じがする

副鼻腔炎によって根の先に圧力が加わり歯が押し出されるように浮いた感じがします。かみ合わせなどの調整はせずに、副鼻腔炎の治療が必要です。

最終的にはCTなどによる診断が必要

副鼻腔炎が歯の痛みの原因なのか、そして副鼻腔炎の原因が歯なのか、鼻なのかを診断するには、最終的にはCT(コンピュータ断層撮影)などで診断する必要があります。

歯が原因の副鼻腔炎であった場合

虫歯が神経まで広がって歯の根の先から細菌が副鼻腔炎に入ってしまったり、歯周病が進行して歯周ポケットから細菌が副鼻腔に入ってしまったりすると、副鼻腔炎になってしまいます。まず、原因の歯を確認して、抗生物質を服用しながら、根の治療や歯周病の治療を行って行きます。歯の根の治療や歯周病の治療で治せないほど感染が広がっていた場合、歯を抜かなければならないケースもあります。

鼻が原因の副鼻腔炎であった場合

CTなどの診断により原因が鼻からくる副鼻腔炎であれば、抗生剤を服用することによって歯の痛みもなくなります。

副鼻腔炎は強い痛みを伴うことが多く、ご自身で歯の痛みなのか、副鼻腔が痛いのか判別しにくい場合もあります。しっかりと診断し、確実に原因を取り除くことが大事になります。このような症状を感じた際には、かかりつけ医に相談し、しっかりと検査してもらい納得したうえでの治療をおすすめします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT