新年の幕開けは駅から!初日の出が拝める駅

有名スポットからちょっと意外な駅まで10選

2017年の幕開けは駅で初日の出を拝むのもいいのでは(写真:digi009 / PIXTA)

初日の出を見る場所としては、海岸、山頂、高い建物などがあり、それぞれ有名スポットがある。そうした場所への交通手段のひとつに列車があり、昨年は初日の出見物列車についてまとめたが、今年はそれとは別に「初日の出が拝める駅」をリストアップしてみた。ちょっと変わった「鉄分」のある正月の楽しみ方はいかがだろうか?

臨時列車も運転!初日の出の有名駅

1)根府川駅(JR東海道本線・神奈川県小田原市)

この連載の過去記事はこちら

相模湾に面した駅で、4番線(熱海方面)ホームから大海原をダイレクトに一望することができる。普通列車しか停まらず、自動改札機はあるものの東海道本線唯一の無人駅でもある。

日の出が望める駅として知られ、1月1日には、臨時列車「伊東初日の出号」が根府川駅に45分ほど停車して初日の出を拝むスケジュールだ。根府川駅での乗降はできないので、時刻表では通過扱いの表示である。車両は485系特急電車改造のジョイフルトレイン「宴」6両編成で、全車グリーン車指定席となる。せっかくのイベント列車なので曇らないことを祈りたい。

2)片瀬白田駅(伊豆急行・静岡県賀茂郡東伊豆町)

根府川駅と同じく駅での初日の出を拝むイベント列車が運転される。こちらは「伊豆初日の出号」で、品川から東海道本線を下り、伊豆急行線に乗り入れる。初日の出を拝めるスポットとして片瀬白田駅で50分ほど停車、時間がたっぷりあるので、ホームからでもいいし、駅前の海岸から見ても楽しめるだろう。車両はリゾート21「黒船電車」で、グリーン車と普通車で全て指定席となる。列車自体は伊豆急下田行きだ。

次ページ海を望む駅で迎える新年
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT