中国空母「遼寧」が南シナ海入り

南西に向かって航行

 12月26日、台湾国防部は、中国軍の空母「遼寧」を中心とした艦隊が同日午後、南シナ海で台湾が実効支配する東沙諸島の南東海域を通過し、南西に向かって航行していると明らかにした。写真は中国国旗、2015年10月北京で撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[台北 26日 ロイター] - 台湾国防部(国防省に相当)は、中国軍の空母「遼寧」を中心とした艦隊が26日午後、南シナ海で台湾が実効支配する東沙諸島の南東海域を通過し、南西に向かって航行していると明らかにした。

国防部報道官は、台湾の戦闘機がスクランブル発進したかどうかや、潜水艦が配備されたかどうかには言及せず、「(状況を)引き続き監視し把握する」と述べた。

中国は定期的な訓練だとしており、中国共産党機関紙・人民日報傘下の有力国際情報紙、環球時報は、空母の戦闘能力の高まりを示すものだと伝えている。

*写真を差し替えて再送しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。