文具会社の社員が密かに実践する「ノート術」

成果を上げるノートはこうやって作る

綴じ部を気にせず書いてみましょう。紙面の大きさで思考に制限がかからないように、余白を多めに取り、ゆったり書くことを意識するといいでしょう 。

ファイリングするほどではない資料・名刺は直接貼る

ノートの見開きページの中に、メモした内容だけでなく、関連する情報が一覧にできていると、さらに考えがまとまりやすくなります。 特に関係資料や名刺が1、2枚程度のときには、ノートに直接、貼ってしまうのもおすすめの方法です。

ある社員は、必要な資料やメールなどもノートに貼りつけます。そして、不必要な出力紙と配布資料は捨てる。会議や打ち合わせの前にはノートに貼った資料を読んで予習し、会議中は記録と加筆、まとめる作業(頭を整理する)に集中するのです。

資料などはわざわざファイルに綴じておくよりも、ノートに並べて貼ってあるほうが、あちこち探す必要もなく効率的です(とはいえ、名刺や資料の量が多ければ、もちろん別で保管します)。

次ページいつでも情報にアクセスできる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT