文具会社の社員が密かに実践する「ノート術」

成果を上げるノートはこうやって作る

用途や目的にあわせて、どんなノートを選ぶかということも意外と重要です。もしノートでアイデアを整理したり、何らかのアウトプットにつなげるために使うのなら、紙面の大きさも大切です。自由な思考を妨げないよう、大きな紙面上で考えよう、ということです。

スペースを広くとり、見開きで使う

ちなみに、ノートは記入スペースが重要である、と主張する社員もいます 。その社員は横罫ノート(A罫・罫幅7ミリ/A5サイズ)を使っていたこともありました。しかし、A5サイズの横罫ノートは、いくつか難点がありました。まず、業務上図表を描くことも多いため、ガイドとなるドットや方眼があるほうが使いやすいと気づいたそうです。そして、A5なので、持ち歩きにも便利ですが、上部の空白部分(タイトル欄)があるので、実際に書き込めるスペースは小さくなる。よって、この部分を活用できず、もったいなく感じていたそうです。

そこで、方眼罫ノート(罫幅5ミリ/A5サイズ)を使うようになりました。

方眼ノートは、ガイドやドットの充実、タイトル欄の余白が小さいものが多いので、記入スペースが大きく、ページいっぱいに書き込めます。

なお、考えをまとめるときは、ノートを見開きの状態で使うことをお勧めします。

次ページ名刺もノートに貼ってしまう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT