文具会社の社員が密かに実践する「ノート術」

成果を上げるノートはこうやって作る

逆に言えば、情報がありすぎて、ただ平坦に書いていると、大事なことが埋没し、見逃してしまう可能性があるということです。

たとえば、ゼロから企画をつくるときにも、ノートの中から、いきなり使えるキーワードが見つかるわけではありません。必要な要素が取捨選択され、徐々にワードが絞られていって、最後に企画が誕生するのです。ノートの中で、あれこれ模索や整理ができるしくみをつくるのが、メモから成果を生み出すコツです。

アウトプットを意識しながら書く

ビジネスでノートを使うからには、自分が出したいアウトプットを意識しながら書くことが大切です。

目的を持つことで、ノートにメモする内容が変わってきます。たとえば、「あの人に教えよう」「次の会議で話してみよう」などと、その後の行動を意識しながら書くと、単なる記録ではなく、伝えることを前提にした「強弱のあるノート」になります。

「うちの部の会議では、ここを絶対に伝えなくちゃ」「これは必要ないな」といった視点を入れ込むので、より具体的なノートが出来上がるのです。

そのようなノートには、見聞きした情報だけではなく、それに関連して自分が発想したことを付け加えて書くことも多いはずです。

ある社員は、セミナー受講時や発表を聞くときなど、一方的に話を聞く側になったときには、A5サイズの方眼ノートにメモをとりながら、自分が感じたことや疑問に思ったことも書き込むようにしていました。

たとえば、吹き出しをつくって、「○○できないときは、どうする?」「→とにかくAをBにすることから始める!」などと、自問自答風にメモします。

すると、自分の頭を使いながら話を聞くことになるので、ただ聞いているよりも、能動的に参加でき、アウトプットにも結びつきやすくなります。

次ページノートを選びも重要だ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT