都内を北へ南へ「環七」を走る急行バスの実力

鉄道計画の期待を乗せた縦貫ルート

■「シャトル☆セブン」のルート
【京成バス 環07急行】
小岩駅(総武線)→一之江駅(都営新宿線)→葛西駅(東京メトロ東西線)→葛西臨海公園駅(京葉線)→東京ディズニーリゾート
【京成バス 環08急行】
亀有駅(常磐線)→一之江駅(都営新宿線)→葛西駅(東京メトロ東西線)→葛西臨海公園駅(京葉線)→東京ディズニーリゾート

 

シャトル☆セブンの路線図

シャトル☆セブンとは文字通り、環七通り(都道318号線)の東京都東側エリアを南北に縦貫する急行バスの名称だ。亀有駅(常磐線)・小岩駅(総武線)~葛西臨海公園駅(京葉線)まで環七沿いをひた走り、さらに足を伸ばして舞浜方面までを結んでいる。江戸川区地域公共交通活性化協議会から委託を受け、2007年に実証実験を実施、2009年には京成バス江戸川営業所による本格運行を開始した。

路線図を見ると、しっかりと鉄道駅同士を結ぶタテ移動を補完している様子が想像できる。実際にこのバスに乗ってみたくなり、常磐線緩行で亀有駅へと向かった。

亀有駅南口に出ると、マンガ「こち亀」のカラフルなキャラクター像が並んで出迎えてくれる。その色彩に負けないピンク色で現れたのが、環七シャトルバス「シャトル☆セブン」だ。車体横に大きく「7」の文字、前面のグリル部分にも「7」のエンブレム。遠くからでも一目でそれと認識できる専用車両だ。車内のシートにも「Shuttle☆Seven」とオリジナルのデザインが施されており、かなり期待の込められた存在であることが窺える。

料金の支払い方にちょっと戸惑う

シャトル☆セブンの運賃箱に掲示された運賃表(筆者撮影)

料金の支払い方は独特だ。一般的には乗り込んですぐPASMOをタッチして前払いしたり乗車バス停の証を記録したりするが、シャトル☆セブンでは運転士がPASMOをタッチするボードをしっかりと手で塞いでいる。

「どちらまでですか?」と行先を聞かれ戸惑う。行先を決めていなかったし、いつも使うバスではないので停留所名がパッと浮かばない。運賃箱の表を見ると「乗務員に行先をお知らせください」とある。区間によって料金が異なるため行先は事前申告制となっているのだ。

次ページシャトル☆セブンは鉄道計画が元だった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT