今さら聞けない!「ドローン」は何が凄いのか

ラジコンとの「3つの決定的な違い」とは

ドローンの本当のすごさとは何か?(写真:manaemedia / PIXTA)
建設現場での測量、橋の点検などのほか、救急医療の現場で、さらにはディズニーワールドの「光のショー」で、ドローンが活躍する場面が増えている。そもそもドローンは「ラジコン」とは何が違うのか?
ICT・メディア市場の5年後までを占う『ITナビゲーター2017年版』の筆者が、ラジコンを超えるドローンの最新の活用事例と近未来の可能性を展望、さらなる普及に向けての課題を指摘する。

ドローンの本当のすごさ、3つのポイント 

『ITナビゲーター2017年版』書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

2013年ごろから注目が集まっている「ドローン」。近年、さまざまな用途へ活用され、ビジネスの世界ではますます重要性が高まっている。

しかし「本当は何がすごいのか」「従来のラジコンと比べてどこが違うのか」という点は、意外と知られていないことも多い。そこでここでは、ドローンの本当のすごさを、ラジコンと比較する形で紹介していく。

ポイント1:飛行安定性と低価格化

第1のポイントは、利用者の裾野を大幅に広げた飛行安定性と低価格化である。

従来の飛行機、ヘリコプター型のラジコンは非常に高価なうえ、少しの操作ミスでも墜落するため、一部の趣味層にしか取り扱えない代物であった。それが、安価なドローンであれば1万円以下で手に入り、複数のプロペラを持つマルチコプターは飛行安定性にも優れている。まっすぐ離陸させるだけであれば、初心者でもすぐに操作法を習得できる。

次ページ2つめのポイントは
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。