今さら聞けない!「ドローン」は何が凄いのか

ラジコンとの「3つの決定的な違い」とは

ドローンの本当のすごさとは何か?(写真:manaemedia / PIXTA)
建設現場での測量、橋の点検などのほか、救急医療の現場で、さらにはディズニーワールドの「光のショー」で、ドローンが活躍する場面が増えている。そもそもドローンは「ラジコン」とは何が違うのか?
ICT・メディア市場の5年後までを占う『ITナビゲーター2017年版』の筆者が、ラジコンを超えるドローンの最新の活用事例と近未来の可能性を展望、さらなる普及に向けての課題を指摘する。

ドローンの本当のすごさ、3つのポイント 

『ITナビゲーター2017年版』書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

2013年ごろから注目が集まっている「ドローン」。近年、さまざまな用途へ活用され、ビジネスの世界ではますます重要性が高まっている。

しかし「本当は何がすごいのか」「従来のラジコンと比べてどこが違うのか」という点は、意外と知られていないことも多い。そこでここでは、ドローンの本当のすごさを、ラジコンと比較する形で紹介していく。

ポイント1:飛行安定性と低価格化

第1のポイントは、利用者の裾野を大幅に広げた飛行安定性と低価格化である。

従来の飛行機、ヘリコプター型のラジコンは非常に高価なうえ、少しの操作ミスでも墜落するため、一部の趣味層にしか取り扱えない代物であった。それが、安価なドローンであれば1万円以下で手に入り、複数のプロペラを持つマルチコプターは飛行安定性にも優れている。まっすぐ離陸させるだけであれば、初心者でもすぐに操作法を習得できる。

次ページ2つめのポイントは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT