今さら聞けない!「ドローン」は何が凄いのか

ラジコンとの「3つの決定的な違い」とは

ドローンの本当のすごさとは何か?(写真:manaemedia / PIXTA)
建設現場での測量、橋の点検などのほか、救急医療の現場で、さらにはディズニーワールドの「光のショー」で、ドローンが活躍する場面が増えている。そもそもドローンは「ラジコン」とは何が違うのか?
ICT・メディア市場の5年後までを占う『ITナビゲーター2017年版』の筆者が、ラジコンを超えるドローンの最新の活用事例と近未来の可能性を展望、さらなる普及に向けての課題を指摘する。

ドローンの本当のすごさ、3つのポイント 

『ITナビゲーター2017年版』書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

2013年ごろから注目が集まっている「ドローン」。近年、さまざまな用途へ活用され、ビジネスの世界ではますます重要性が高まっている。

しかし「本当は何がすごいのか」「従来のラジコンと比べてどこが違うのか」という点は、意外と知られていないことも多い。そこでここでは、ドローンの本当のすごさを、ラジコンと比較する形で紹介していく。

ポイント1:飛行安定性と低価格化

第1のポイントは、利用者の裾野を大幅に広げた飛行安定性と低価格化である。

従来の飛行機、ヘリコプター型のラジコンは非常に高価なうえ、少しの操作ミスでも墜落するため、一部の趣味層にしか取り扱えない代物であった。それが、安価なドローンであれば1万円以下で手に入り、複数のプロペラを持つマルチコプターは飛行安定性にも優れている。まっすぐ離陸させるだけであれば、初心者でもすぐに操作法を習得できる。

次ページ2つめのポイントは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT