GPファイナルで羽生4連覇、女子の宮原は2位

宇野昌磨は昨年に続く3位

 12月10日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで男子の羽生結弦が優勝し、同大会4連覇を達成した。宇野昌磨は昨年に続く3位となった。女子では宮原知子が2年連続の2位だった。(2016年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[10日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは10日、フランスのマルセイユで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で首位の羽生結弦はフリーで3位の187.37点をマーク。合計293.90点で優勝し、同大会4連覇を達成した。

SP4位の宇野昌磨はフリーを2位で終え、合計282.51点で昨年に続く3位となった。SP5位、フリー1位のネーサン・チェン(米国)が282.85点で2位。

女子ではSP3位の宮原知子がフリーで2位となり、合計218.33点で2年連続の2位だった。エフゲニア・メドベージェワ、アンナ・ポゴリラヤのロシア勢がそれぞれ1位と3位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。