GPファイナルで羽生4連覇、女子の宮原は2位

宇野昌磨は昨年に続く3位

 12月10日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで男子の羽生結弦が優勝し、同大会4連覇を達成した。宇野昌磨は昨年に続く3位となった。女子では宮原知子が2年連続の2位だった。(2016年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[10日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは10日、フランスのマルセイユで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で首位の羽生結弦はフリーで3位の187.37点をマーク。合計293.90点で優勝し、同大会4連覇を達成した。

SP4位の宇野昌磨はフリーを2位で終え、合計282.51点で昨年に続く3位となった。SP5位、フリー1位のネーサン・チェン(米国)が282.85点で2位。

女子ではSP3位の宮原知子がフリーで2位となり、合計218.33点で2年連続の2位だった。エフゲニア・メドベージェワ、アンナ・ポゴリラヤのロシア勢がそれぞれ1位と3位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT