日本人が知らない欧州「寝台列車」の超絶進化

長距離バスやLCCに負けてばかりではない!

OBBが引き継いだ夜行列車ルート(色付きの区間、©OBB)

DBがCNLとして今冬まで運行していた10ルートのうち、需要が期待できる5ルートを継承した格好となっている。

ハンブルクベルリンチューリッヒ
ハンブルクミュンヘンインスブルック
ミュンヘンベネチア
ミュンヘンザルツブルクフィレンツェローマ
ミュンヘンベローナミラノ

アムステルダム―ミュンヘン間は、ドイツ国内のデュッセルドルフまでで打ち切られるが、オランダやベルギー方向への接続は確保されている。ただ。アムステルダム発着のチューリッヒ行きと、プラハ発着の2ルートは消滅することになった。

世界最長トンネル、ついに営業開始

冒頭で説明したように、今回のダイヤ改正における目玉はもうひとつある。全長57キロ、掘削に7年を擁し、青函トンネルより約3キロ長い世界最長となった「ゴッタルド基盤トンネル」だ。ここを通る正式な営業列車が、今回のダイヤ改正からいよいよお目見えする。

スイスは国土の中央をアルプスが横断、北部のドイツ語圏と南部のイタリア語圏は「別の国」と思うほど大きな距離感がある。加えて、旅客のみならず、物資の南北間の輸送が長年にわたりネックとなって来た。トンネルが掘られたゴッタルド峠は、数百年前には駅馬車で山を越えていたが、1881年に長さ15キロのトンネルが貫通。それを130年以上も使い続けている。

トンネル内部は予想以上に暑くて乾燥している(見学ツアーのひとこま=筆者撮影)

しかし平地からトンネルの高さへの上り下りには3〜4段ループ線を走るという難所で、所要時間の短縮や環境保護などの見地から、新たに山の低い場所にトンネルを設けることとなった。

次ページ全体の所要時間が30分ほど短縮
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。