米女優E・R・ウッド、2度の性的虐待被害を告白

「大切な人と一緒にいた時にレイプされた」

 11月29日、SFスリラーTVシリーズ「ウエストワールド」に出演している女優エヴァン・レイチェル・ウッドさん(29)は、性的虐待を2度受けたことがあるとツイッター上で明かした翌日、ソーシャルメディアを休むとツイッターに投稿した。写真は9月28日カリフォルニアで撮影(2016年 ロイター/Phil McCarten)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - SFスリラーTVシリーズ「ウエストワールド」に出演している女優エヴァン・レイチェル・ウッドさん(29)は、性的虐待を2度受けたことがあるとツイッター上で明かした翌日の29日、ソーシャルメディアを休むとツイッターに投稿した。

今月発行の米誌ローリング・ストーンに掲載されたインタビューで、ウッドさんは22歳の時の自殺未遂について言及。「身体的、精神的、性的」な虐待の被害に遭っていたという。

ウッドさんは28日夜、「私たちの世界が露骨な偏見と性的差別に満ちている」ことにもはや黙っていられないとした上で、注意を引くためと非難されることを恐れ、告白をためらったとツイッター上で語った。

ウッドさんが「大切な人と一緒にいた時にレイプされた。別の時には、バーのオーナーから」と書いた投稿は、100万回以上共有された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。