米女優E・R・ウッド、2度の性的虐待被害を告白

「大切な人と一緒にいた時にレイプされた」

 11月29日、SFスリラーTVシリーズ「ウエストワールド」に出演している女優エヴァン・レイチェル・ウッドさん(29)は、性的虐待を2度受けたことがあるとツイッター上で明かした翌日、ソーシャルメディアを休むとツイッターに投稿した。写真は9月28日カリフォルニアで撮影(2016年 ロイター/Phil McCarten)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - SFスリラーTVシリーズ「ウエストワールド」に出演している女優エヴァン・レイチェル・ウッドさん(29)は、性的虐待を2度受けたことがあるとツイッター上で明かした翌日の29日、ソーシャルメディアを休むとツイッターに投稿した。

今月発行の米誌ローリング・ストーンに掲載されたインタビューで、ウッドさんは22歳の時の自殺未遂について言及。「身体的、精神的、性的」な虐待の被害に遭っていたという。

ウッドさんは28日夜、「私たちの世界が露骨な偏見と性的差別に満ちている」ことにもはや黙っていられないとした上で、注意を引くためと非難されることを恐れ、告白をためらったとツイッター上で語った。

ウッドさんが「大切な人と一緒にいた時にレイプされた。別の時には、バーのオーナーから」と書いた投稿は、100万回以上共有された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。